投稿者: 紅狐

きつねです

MINDHACK:キャラクターのプロフィール②

【キャラクターのプロフィール②】

 

主人公である『先生』を取り巻く、個性豊かな登場人物たち。
以前の記事で彼らにもそれぞれの人生があるということをご紹介しましたが、
今日は作中ではなかなか語られない「好きな食べ物・苦手な食べ物」にフォーカスしてみます。

 

好きな食べ物:ビターチョコレート、とんかつ

苦手な食べ物:歯に挟まる野菜

 

 

好きな食べ物:じゃんじゃか焼き(※地元の定食屋「じゃかじゃん」の看板メニュー。肉と玉ねぎを醤油でベチャベチャに炒めた一皿)

苦手な食べ物:モツ

 

 

 

好きな食べ物:キャベツ

苦手な食べ物:コールスローサラダ

 

 

 

好きな食べ物:エナジードリンク、おしゃれなランチプレート

苦手な食べ物:味の濃い煮物

 

 

 

好きな食べ物:人工知能なのでなし

苦手な食べ物:人工知能なのでなし 「先生」に提供する食事にはかなり気を遣っているようです

 

 

 

好きな食べ物:自由にご想像ください!

苦手な食べ物:手袋が汚れるようなものには触りたがらないという噂……?

 

ーーーーー

ユーニッドの食の好みのように、食べ物の好き嫌いが人生経験に根差していることもあったりなかったり。
彼らがどんな人物なのか、施設の外ではどんな振る舞いをしているのかを想像する助けになれば幸いです。

 

かわいそロジー電子版のお知らせ& MINDHACK:三章脚本

【お知らせ】

かわいそロジー発行のお知らせ
2021年の3月に頒布した、VODKAdemo?の三名による一次創作合同誌『かわいそロジー』。
物理的な本としては品切れしておりましたが、この度PDF電子版の頒布を開始いたしました!

https://kouontashitsu.booth.pm/items/3254897

※R15G/軽微な残酷描写を含みます。
※MINDHACKとは無関係の内容となります。
※売上金は全額MINDHACKの制作費として使用させていただきます。

内容は物理書籍と同様となります。
品切れで手に入れられなかった……というかたや、VODKAdemo?メンバーによる作品に興味を持ってくださった皆様、大変お待たせいたしました。何卒よろしくお願いいたします。
内容についての裏話はこちら! 『かわいそロジー原案集』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【三章脚本】

VODKAdemo?の三名ですが、今日も元気にMINDHACKの開発を進めております。
今週は三章の脚本が完成しました。ラリホ~~~~~~~🌻🌸🌼🌻

 

 

こちらは冒頭のシーン。FORMATが、先生と出会ったときのことについて思いを馳せている様子。

 

こちらでは、先生が何者かと対峙しているようです。
果たして、三章に登場する更生対象は一体どんな悪人なのか……?

MINDHACK:Steamストアページ公開

9月1日に配信された『asobu INDIE SHOWCASE 2021』にて、『MINDHACK』をご紹介いただきました!
こちらは、世界中で開発されている多くのインディーゲームを一挙に紹介する番組です。取り上げていただき大変光栄です!
YoutubeとTwitchで公開されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

Youtube
youtu.be/cwmU2t4uB6A
Twitch
twitch.tv/asobudev

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Steamストアページ】

『MINDHACK』のSteamストアページがとうとうご用意できました!

 

 
ウィッシュリストに登録していただくと、今後ゲームが正式リリースされた際にお知らせが届きます。
まだまだ開発中のゲームではありますが、よろしければぜひ、リストへご登録いただければ幸いです!
なおasobuでも流れた作品紹介PVもこちらでご覧いただけます。1分30秒でよくわかるマインドハック。
今後とも本作品をどうぞよろしくお願いいたします。

MINDHACK:キャラクターのプロフィール

2021年の6月、INDIE Live Expo2021でご紹介いただいた本作品『MINDHACK』ですが、
このたび番組の解説者・PLAYSMの水谷さんよりコメントを頂きました!
https://indie.live-expo.games/news/1841/
INDIE Waves 5の項で触れていただいております。とても嬉しいお言葉、ありがとうございます!

 

ーーーーーーーーーー

【キャラクターのプロフィール】

『MINDHACK』作中には、個性豊かなキャラクターたちが登場します。
物語の中で垣間見えるのは彼らの人生のごく一部ですが、その背景には様々な経験が隠されているようです。
名前・年齢・性別・身長・体重・職業・家族構成・コンプレックス・トラウマ・趣味・特技……会話や、ハックによって記憶を覗き見ることで、その人格を形成しているプロフィールがわかってきます。

↑ 特技:トゲミサイル

一方、『自分が見たその人』と『誰か別の視点から見たその人』の像は、必ずしも一致するとは限りません。作中でわかるのは『先生』の立場から見た視点のみ。相手がどんな人物なのか、ぜひ会話から想像を巡らせて感じ取ってみてください。

 

↑ 趣味:グルメレビューを書くこと

 

↑ 好きなもの:お花

↑ 職業:神の無機のキャビネット(防虫加工済み)

MINDHACK:警備隊のシンボルマーク

【ホットフィックス隊のシンボルマーク】

悪人と直接対峙するマインドハッカーを、万が一のことから守る警備隊『ホットフィックス』。
実はシンボルマークがあることにお気づきでしょうか?

新米隊員のヘルメットや隊長のアームシールドをよく見ると、逆三角形のマークがあるのがわかります。

『粉砕された逆三角形』というデザインのこのマークは、マインドハック施設の『バグを根絶する』という使命が込められたものです。

マインドハッカーの報告によれば、悪人の中のバグとは三角形の見た目をしているそうです。バグとは破壊衝動、文字通りとんがってるんだなあ。
このマークには、バグを逆に破壊してやろうという気概が込められているわけですね。

で、実はホットフィックス隊、昔は警備隊ではなかったとの噂です。いまのポジションに落ち着いた時にシンボルマークもリニューアルしたんだとか。一体何があったんでしょうか。
昔のシンボルマークは、今のものよりアグレッシブな印象だったようです。

MINDHACK:カーソル操作

『タイピングパートのローマ字入力切替』『バックログの遡れる数増加』に次いで、
多かったご要望が『マウス以外での操作』。

というわけで、キーボード方向キーでの操作に対応する予定です!
OPTION画面のスライダー・トグル類も、方向キー+Enterキーで操作できるようにしました。
引き続き第二章の開発を進めつつ、機能面でも向上を図っております。
先生もハックにやる気満々な様子です。

 

ちなみに本日8/7、ちょうど花の日ということで『すきまトーク』も更新しております。

ハイビスカスの差分は、アート担当ホでヴがこれのために特別に描き下ろしてくれました。

ーーーーーーー

そして、すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、VODKAdemo?のロゴがひそかに新しくなりました!

チームメンバーの知人であるデジタルクリエイター・omuさんにお願いして、大変すてきなロゴを仕上げていただきました。
ありがとうございます!『三人だから三角形』『液体感と無機物の融合』という、ぴったりなコンセプトになっております。
今後ともVODKAdemo?をよろしくお願いいたします。

【omuさんのWebサイト等はこちら】

Twitter @omu_uonome
https://omuriceshokudo.jp

MINDHACK:開発風景

以前にも少しだけ言及しましたが、開発チーム内のやりとりにはSlackを使用しています。
日頃こんな感じに、各自の作業をUPしてはリアクションを返す、という方法で進捗を共有しています。

ゲーム開発、楽しくてしょうがないんだなあ。
また、毎週土曜にSkypeを使って、3名で通話しながら作業をしています。
開発ミーティングというよりは、実はそもそも土曜の通話が盛り上がった結果生まれたのが『MINDHACK』という背景があります。
マインドハックは身体にいいなあ!

MINDHACK:キャラ紹介06

【キャラクター紹介:FORMAT】

 

マインドハック施設を司る管理AI。バグの排除を使命とし、音声によってマインドハッカーや警備隊を支援する。
『先生』を我が子のように誇り、溺愛している。『バグ』との戦いを援助する以外にも、モーニングコールから朝昼晩の食事、趣味のお花まで提供するため、ちょっと過保護すぎるのではという噂もしばしば。
名前の読みは「フォーマット」。


 

『MINDHACK』のゲームを起動して、最初に語り掛けてくるのがこのFORMAT。プレイヤーを導き、役目を教えてくれる存在です。

開発チームことVODKAdemo?の面々は、三名とも『サポートしてくれるAI』が大大大好き。このゲームを作ろうとなったとき、最初に決まったのが『とにかくAIは出そう』ということでした。

テキストADVではキャラクターとテキストの組み合わせで画面を構成するのが常ですが、FORMATは「立ち絵」を持たないキャラクター。そのため、「ピンポーン」という効果音と、名前欄のアニメーションでその存在を強調しています。デバッグルームで更生対象と対峙する際は、特に力になってくれるはずです。

MINDHACK:バックログ改善

本編のさらなるシナリオを実装しつつ、いただいたご要望への対応を進めております。
(ローマ字入力の件についても同時並行で進めております)
きょうは、バックログで遡れるダイアログ量を増やしてみました。
また、これまでは「バックログを閉じる」ボタンが右上にありましたが、画面のどこかをクリックすると閉じるように操作を変更しています。
あんまり遡れる量を増やしすぎると処理落ちの原因になってしまうので、加減を見ながら調整中です。
更生対象の記憶をじっくり読む手助けになれば幸いです。

MINDHACK:背丈くらべ

 ↑ クリックで原寸大

『MINDHACK』では、登場するキャラクターたちの背丈を、出来る限り『正しい比率』で表示するようにしています。
例えばユーニッドは身長180cm。
新米隊員は172cm。
レベッカ隊長は170cm。見た目の威圧感に比べて、実は新米くんより僅かに小柄です。
アート担当ホでヴとの擦り合わせによって、背景との位置関係や、目線の高さなどもなるべく合うように調整しています。
(『先生』の身長に関しては、自由にご想像ください)

 

なお、ユーニッドの「身長180cm」に頭のトゲが含まれるかどうか確認したところ、『含まない』とのことでした。ウニ、でかいです。

MINDHACK:Mac用体験版

【Mac版】

『MINDHACK』へのご意見・ご要望・ご感想等、ありがとうございます!
2021年6月12日現在、今後対応予定のご要望はこちらの記事に記載しております。

Macユーザーの皆様から頂いたご要望にお応えして、開発中の体験版『ユーニッド編』のMacバージョンをご用意いたしました。
(VODKAdemo?の面々もかつてWindows専用PCゲームを遊べず歯噛みしていた時期があり、ぜひとも対応したい!という気持ちで公開に至りました)
こちらはテストプレイ中の暫定版となりますが、内容はWindows版と同様となっております。

ダウンロードはこちらのページからお試しください。

 

【ご注意】

お手元にダウンロードし、中身のZipファイルを解凍していただくと『app』と拡張子のついたファイルがありますので、そちらをダブルクリックするとゲームを起動することができます。
その際、「開発元を検証できないため開けません」というダイアログが表示されることがございます。

こちらが表示される場合は『キャンセル』をお選びいただき、Macの『システム環境設定』→『セキュリティとプライバシー』の画面から、『このまま許可』というボタンを押してください。

このダイアログはお手元のMacのセキュリティ強化のために表示されているもののため、十分にご注意いただき、ご自身の責任で許可を行ってください。

 

【今後の対応について】

完全版配信の際にはMacバージョンもリリースできるよう今後も尽力していく所存ですが、VODKAdemo?チーム内の開発機がWindowsのため、リリースの際にWindows版に比べて対応が遅くなる場合がございます。
今後も暖かく見守っていただければ幸いです。

Mac版『MINDHACK』についてはテスト中のため、ご意見・ご要望などあればこちらのフォームよりお寄せください。
不具合に関しましては、read meに記載のメールアドレスにスクリーンショットとお使いのMacのスペックを添えてご掲示いただけますと幸いです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

『本編とは何の関係もない会話』こと、MINDHACKすきまトークです。
先日から名前がばっちり決まりました。本編のすきまとすきまを埋めていく、世界観のご紹介でございます。
今後は隔週で定期的にTwitter・ブログへ公開していく予定ですので、引き続きお楽しみいただければ幸いです!

MINDHACK:ご意見・ご要望・不具合について

MINDHACK制作チーム・VODKAdemo?の紅狐です。
ゲームの技術部分と、メインシナリオを担当しております。

体験版の公開以降、本当に多くのかたにゲームを遊んでいただき、ありがとうございます!
チーム一同感謝と驚きの気持ちでいっぱいです。
ご意見・ご感想フォームにもあふれるほどたくさんのメッセージをいただき、大変励みになっております。

頂いたご意見の中で、今後対応予定のもの、また既知の不具合についてこちらに掲載させていただきます。

 

対応予定のご要望

【タイピング時のローマ字入力をヘボン式・訓令式で切り替えさせてほしい】

こちらに関しては大変多くのご要望をいただいており、将来的に対応する予定です!
ゲーム内の仕組みを大きく作り変えるため、お時間をいただく可能性がありますが、「ti」と「chi」、「zi」と「ji」など、可能な範囲でフレキシブルに対応できるように予定しております。

【Macに対応してほしい】

現在、Mac版の体験版・ユーニッド編の開発をテスト中です。
こちらに関しては追って別の記事でお知らせいたします!
※対応いたしました!

【バックログの遡れるテキスト量を増やしてほしい】

こちらに関しても対応を検討中です。

 

そのほかにも、操作系統やウインドウモード等、様々なご要望をいただいております。
実現できる範囲で順次実装していきたいと考えております!
本編シナリオの開発と同時進行のため、お時間をいただくかもしれませんが、どうぞ暖かく見守っていただければ幸いです。

不具合

【DL用のDropBoxのURLが開けないことがある】

こちらはアクセス集中によるもののため、新たにgoogle Driveのミラーリンクをご用意いたしました。

体験版のDLはこちらのページをご覧ください

ZIPファイルの内容はどちらも同じとなっております。URLが開けない場合は少し時間を置いてリトライしていただくか、もう一方のURLをお試しください。
まだまだ開発中の作品ではありますが、現在steamのストアページを用意中のため、将来的にはsteamからダウンロードしていただけるようになる見込みです。

【DL後、起動できない】
【NEW GAMEの直後、またはマインドハックシーン付近の特定の場面で暗転し、操作不能になる】
【まれにタイトルBGMの再生が止まらないことがある】

こちらにつきましては、現在原因を調査中です。
(ゲーム中の暗転についてはゲーム内ムービーが正しく表示されていない可能性が高いのですが、お使いのグラフィックボードのドライバを最新版に更新していただくことで、もしかしたら直る可能性があります)
ご迷惑をおかけし申し訳ありません…!

 

ーーーーーーーー

本当に想定以上に多くの方に遊んでいただき、改めてお礼申し上げます……!!
ご意見・ご感想・不具合などに関しましては、こちらのフォームより引き続きお寄せいただければ幸いです。
MINDHACK ご意見・ご感想・ご要望フォーム

(不具合についてご報告いただける場合は、read meに記載のメールアドレスへ発生時のスクリーンショットとPCのスペックをご掲示いただけると、より詳しく原因を突き止めることができます)

今後も開発を進めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします!