カテゴリー: VODKAdemo?

MINDHACK:デジゲー博参加のお知らせ

本日のブログはゴキゲンなお知らせです。

11月13日(日)、東京・秋葉原UDXで開催される「デジゲー博」に、MINDHACKが出展します!ブースはD-01ab、本部の目の前となります。

デジゲー博は、同人ゲーム・インディーゲームの展示・頒布イベントです。PC・モバイル・コンソールなど、あらゆる媒体のゲームが集まります。今年で開催10周年!国内で制作された作品を中心に、デモ版をプレイしたり、開発チームと顔を合わせたりすることが可能です。

今回も、会場では第一章の体験版を試遊展示する予定です。BitSummitでの内容と同様……と思いきや、アニメーションにちょっとした進化があるかも?現在、ホでヴがせっせと描き進めているところなのでお楽しみに。

このほか、会場ではふたたびMINDHACKのグッズ販売を行います!誰でも更生対象になれるクリアファイルに、登場キャラクターたちのアクリルキーホルダー、そしてステッカーなどなど。まだ手に入れていない方は、この機会にぜひお求めください。

このほか、お越しいただいた方に持って帰っていただけるちょっとしたお土産もご用意できれば……と準備を進めています。こちらも固まり次第お知らせしますので、お楽しみに。

11月は、僕たちと秋葉原でアモーレ!よろしくお願いいたします。

イベント公式サイトはこちら!
デジゲー博 | 同人&インディーゲームオンリー展示・即売会 (digigame-expo.org)

MINDHACK:質問コーナーその3

動画バージョンはこちら!

COM_Z
「コムちと!」

シノ
「……………………」

シノ
「………………シノの」

COM_Z
「マインドハック電話相談~~~!」

COM_Z
「みなさんこんにちは!ご存じ可愛いコムちなのだ。質問回答コーナーもいよいよ3回目!たっくさんの人に見てもらえて、ワガハイ超ハッピーなのだ。今回も気になるあんなことやこんなことにお答えしていくよ。それではいってみよう!」

 

Q.FORMATのメンテナンスや管理はどなたがやっているんですか?

COM_Z
「マインドハック施設の技術班が担当しているのだ。施設はハイテク設備が満載だから、いつも技術班は忙しくしているのだ」

Q.マインドハックそのものが、大衆にはどの程度まで情報公開されているのか気になります。

COM_Z
「マインドハック技術の存在はちいさい頃から習う知識だよ!悪人を放っておくとどうやら世界が危ないらしい、だからホットフィックス隊がある、ということもよく知られているね。でも、バグという言葉は特殊な専門用語なのだ。」

Q.警備本部内の間取りはだいたいどんな感じになっていますか?ホットフィックス隊の寮は施設内にあるのでしょうか?

COM_Z
「保安上、詳しい間取りはヒ・ミ・ツなのだ!中には訓練用の設備とか、仮眠室、隊長の事務室とかがあるみたいだよ。隊員寮は施設の外にあって、歩いてこられる距離にあるのだ!」

Q.少年マインドハック大会についての質問です。この大会で好成績を残した人物は、本作先生のようにマインドハッカーとして抜擢されるのでしょうか? また、下等なバグ保有者との記述がございましたが、どの程度なのか気になります。軽い鬱病、精神疾患程度と捉えて良いのでしょうか?

COM_Z
「少年マインドハック大会で優秀な成績を残したキッズたちは、全国のマインドハック施設で活躍しているよ!『下等なバグ保有者』っていうのは、『発現しても危険ではないくらいのバグ』ってことなのだ。精神疾患の症状の度合いというよりは、あくまで破壊衝動の強さがバグの等級に直結するのだ。」

シノ
「愛情深いということだろう?」

Q.更生後の更生対象はどのような道を歩むのか気になります!

COM_Z
「家庭がある人はそこへ戻されるのが最も一般的だね!身寄りのない人は、支援を受けながら社会奉仕を続けていくのだ。中でも心から平和のために身を捧げたい、と願うレアな人は、医療の治験や凍結事故のあった事故現場の調査へ派遣されるのだ!」

シノ
「飼いならされた末路よな」

Q.更生対象の親族から感謝のメッセージなどが届いた事はありますか?

COM_Z
「マインドハッカー宛にはいろんな手紙が届くよ!けど、FORMATが全部検閲してるから色々弾かれてるのもあるみたいなのだ」

シノ
「都合のよいことしか通さぬわけか」

Q.レベッカ隊長は何故寮ではなく自分の家から通勤しているのでしょうか。そして隊長のお家はどんな感じなのか知りたいです。

COM_Z
「ホットフィックス寮はあくまでも、一般隊員の生活を保障するためのものなのだ。隊長には自分のおうちがあるから、寮に住む必要がないんだね。でも、いつでもすぐに駆け付けられる場所に住んでいるよ!隊長のおうちは機能性を重視していて、キャンプ用品でいっぱいみたい」

Q.イーヴリッグさんはランチプレートがお好きとのことですが、具体的にどんなランチプレートが好きなのかこだわりなどありましたらぜひお聞きしたいです。

COM_Z
「真上から写真を撮った時にバエて見えるやつが好きみたいだよ!」

シノ
「味ではないのか?」

Q.イーヴリッグは暑いのと寒いのではどちらの方がつらいのでしょうか?

COM_Z
「イーヴリッグくんはあんまり頑丈じゃないからどっちも苦手なんじゃないかなあ。どっちかっていうと暑いのが苦手なのだ? モフモフだし」

シノ
「軟弱者め」

Q.デモ版でユーニッドが、自分の親が誰かわからないと言っていましたが養護施設に拾われたのは物心がつく前ということなのでしょうか?

COM_Z
「その通りなのだ!物心がつく前は、今みたいな立派なトゲも生えそろってなかったみたいだよ。かわいいね!」

シノ
「丸かったのか……?」

Q.ユーニッドはブラッディパエリアの他に友達はいるんでしょうか?

COM_Z
「けっこう交友関係は広いみたいだよ!竹を割ったような性格だから、案外いろんな人に気に入られるみたいなのだ。暴れてるときは別だけどね!」

シノ
「愛情の無駄遣いだな」

Q.デスブイヨンとブラッディパエリアの抗争のきっかけになった出来事がありましたら教えて頂きたいです。

COM_Z
「デスブイヨンのボスがブラッディパエリアの縄張りに侵入して、ユーニッドくんがカンカンに怒っちゃったのだ。結局そのときはブラッディパエリアが勝利したんだけど、それ以来デスブイヨンにマークされてしまったんだね」

Q.クラゲの収入源を教えてください!

COM_Z
「とあるクラブの専属DJなのだ!年収はかなり低いらしいよ!」

シノ
「ない金で賭博をするな」

Q.エイさんのご職業が知りたいです……!

COM_Z
「株と不動産業なのだ!羽振りがいいねえ!」

Q.たもちゃんが一番懐いているブラッディパエリアのメンバーは誰ですか?

COM_Z
「たもちゃんはウミウシなので懐くとかないのだ。慣れるだけ」

Q.たもちゃんはアジトでもにもにしているとのことですが、他のブラッディパエリアの皆さんは普段はどこに住んでいるのか気になります

COM_Z
「人それぞれなのだ!自分の家にいたり、家族と暮らしていたり、一人でいたり、いろんな事情があるみたいだよ」

Q.マインドハッカーになるためには資格が必要なのですか?

COM_Z
「必要なのだ!資格を取るには素質テストへの合格と、マインドハック協会員の推薦が必要なのだ。現状では、大会で一定の成績をおさめたキッズじゃないとなれないねえ。これからマインドハック技術がもっと一般的になれば、普通のお医者さんのような免許が発行されるようになると思うのだ!」

Q.先生はMINDHACKの技術をどうやって取得しましたか? 生まれつきの才能とかも必要ですか?

COM_Z
「ここの施設のマインドハッカーくんは、子供のころにたくさん頑張って勉強したみたいだよ!マインドハッカーには、他者の感情に共感しない素質が必要なのだ」

シノ
「図太いのだな」

Q.主要キャラクターができる腹筋の回数を教えて下さい!

COM_Z
「隊長は止めない限り永久に腹筋し続けるのだ!新米くんは、80回×3セットくらいを日課で続けているみたい。ユーニッドくんは同年代の平均よりはできるんじゃないかな?イーヴリッグくんは3回くらいなのだ。1回目だけすっごく元気がいいね!」

シノ
「竜頭蛇尾」

Q.コムちさんの思う「シノちゃんのカワイイところベスト3」を教えてください!

シノ
「やめろ」

COM_Z
「えっとねえ!いじっぱりなところとー、でもお喋り好きなところとー」

シノ
「やめろと言っている」

COM_Z
「あとは、とってもコンパクトに収まってるところかな!どこでも持ち運びできるからいつでも一緒なのだ!シノちゃんはカワイイねえ。よしよしよし、よしよしよし」

シノ
「撫でるな!!」

 

COM_Z
「今回の質問コーナーはここまでなのだ!みんなの気になる答えはあったかな?最近は季節の変わり目だから、風邪をひかないようにあったかくして次の質問コーナーを待っててね。それじゃあ、次回も元気にマインドハック!まったね~~~」

シノ
「我はこの場に必要か?」

MINDHACK:プチタイピング

きつねです。なんか気がついたら9月も半ばになってた。早いものでBitSummit X-roadsから一ヶ月半が経ちました。
読書の秋、うっかりめちゃくちゃ高級なブックカバーを2つも買ってしまって反省しています。
でも良いものはいくらあっても困らないからね。ジッパーがついていてハヤカワ文庫のトールサイズが入るブックカバーなんて100個あっても困らないから。ねっ。物欲の秋、怖いぜ!!
本よりブックカバーが増えないように気をつけます。

 

【プチタイピング】

BitSummitの会場で展示していた体験版には、ある新しい要素を追加しておりました。
それがこれ。

開発チーム内ではこの新しい要素を「プチタイピング」と呼んでおります。ていうか私が勝手に呼んでます。プチってつくとなんかかわいいよね。プチパンケーキとかプチトマトとかプチプラコスメとか。

 

……で、なんなんだそのプチタイピングってのは! 実はここに至るまでにわりといろんな試行錯誤がありました。順を追って説明させてください。

 

MINDHACKとは、マインドハッカーがマインドハックするゲームです。そりゃそうだ。
マインドハッカーがマインドハック施術を行う際には、書き換えるべき精神のバグを見つけ出すために、悪人の記憶を覗いて読み進む必要があります。

この「記憶を覗く」シーン、もともと超初期の体験版ではこんな画面となっていました。

『悪人の思考を覗く』イメージで、4つの記憶を選択肢のように順不同で選んでいく形式です。
いかにもここをクリックすると記憶を覗けるぜ!!というビジュアルでわかりやすかった。
が、1よりも2、2よりも4のほうが本人にとって印象深い話をしているのに、すべての記憶の扱いが並列っぽく見えてしまうという問題点がありました。
そこで、「もっと順々に記憶の奥底に潜っていくような表現にしたいよね」というアイデアが出て……

このように、「記憶1を終えたら、次は記憶2へ」と順番に読み進める形式に進化。
※2022年9月現在、Steamで配信中の体験版ではこのバージョンを遊んでいただけます。

この変化により「クリックして記憶を開く」操作が取り除かれたため、記憶1と記憶2の間をはっきりと隔てる「壁」のような部分が必要になりました。
ここで登場したのが、記憶を覗く時もハッカーっぽいことをしたい! というアイデア。

選択肢でハッキングコマンドを入力していき、正しいものを選んでいくと先に進むことができます。
Disable Firewallというのは「ファイアウォール(外部からの不正なアクセス等をはじく防御プログラム)を無効にせよ」という意味のコマンドです。最初のバージョンに比べるとかなりハッカーっぽくなってきました!
しかしここまで来たら……もう……もっとハッカーハッカーしたいじゃない!!
ハッカーしたーーーーい!!!

というわけでプログラマーさんの手を借りて、このコマンドを直接タイピングで入力する形式にしてもらいました。

ビジュアル的にもコンピュータの入力画面風のUIとなり、天才ハッカー体験をより強調できたのではないかと思います。この後に控えている、実際に更生対象の精神を書き換えるメインタイピングパートとの橋渡し感も出ていい感じ!

将来的にお手元で遊んでいただけるようになった際には「あ!プチタイピングだ!」と呼んでいただければ幸いです。プチタイピングをどうぞよろしく。

MINDHACK:質問コーナー回答その2

【動画バージョンはこちら!】

COM_Z
「コムちと!」

シノ
「………………」

COM_Z
「シノちゃんの!」

COM_Z
「マインドハック電話相談~~~!」

COM_Z
「みなさんこんにちは!ご存じ可愛いコムちなのだ。前回から2週間経ったけど、みんなは元気にしていたかな?ワガハイはみんなに会いたくてず~っとワクワクしていたのだ!今回も、みんなから募集した質問にどんどん答えていくからよろしくね。それではいってみよう!」

 

Q.ホットフィックス隊に入隊するための条件はありますか?テストに合格して訓練すればどんな種族でもなれるものなんでしょうか?

COM_Z
「心身ともに健康で、精神的にタフであることが条件だね。でも、最も重要な条件は『自分の正義を疑わないこと』なのだ。バグに侵されないことがイチバン大事だからね。」

シノ
「利用しやすい連中だな」

Q.ホットフィックス隊は訓練を積んでいるそうですが、訓練内容が知りたいです。

COM_Z
「まずは身体を鍛える訓練なのだ!走り込みとか筋トレのほかに、隊員同士で格闘の練習をしているようだね。あとは、危険や恐怖に動じない屈強な精神を鍛えるトレーニングがあるよ!緊急時を想定した実働訓練もよくやってるみたい」

Q.主要キャラクターそれぞれの出身地は暑いところですか?それとも寒いところですか?

COM_Z
「隊長は寒いところの出身なのだ!新米くんは夏涼しい温暖な気候の土地で育ったよ。ユーニッドくんは海洋性の気候の地域で生まれて、イーヴリッグくんは超!豪雪地帯の出身なのだ~!シノちゃんは盆地の生まれだっけ?」

シノ
「貴様に教えた覚えはない」

Q.更生対象が嘔吐する主な理由が知りたいです。

COM_Z
「心因性嘔吐なのだ!更生対象たちは、ハック済みの更生対象を見ると強いストレスを感じるようなのだ。なぜだろうね?あんなにハッピーなのに……」

シノ
「なぜだろうな」

Q.プライベートな質問ですが、新米くんの家族構成が知りたいです!コムちちゃん様お願いします!

COM_Z
「コムちちゃん様がお答えするのだ!新米くんはお母さんと二人暮らしをしていたのだ~!」

Q.あの世界においては、「マインドハックは素晴らしいものだ」という認識が、広く一般にも浸透しているんでしょうか?

COM_Z
「もちろんなのだ!マインドハックはとってもハッピーでサイコーの技術だってことを、小さなころからみっちり教えているのだ。マインドハックは身体にいいなあ!」

シノ
「教育とは歪よな」

Q.コムちに休暇の概念はありますか?ある場合休暇中はどのように過ごしていますか?

COM_Z
「コムちにお休みの概念はない」

Q.質問です!ユーニッドはあのアジトに住んでいるのでしょうか?自宅は別にあるのでしょうか?
よろしくお願いします!

COM_Z
「ユーニッドくんはもともと賃貸の安アパートに部屋を借りてたのだ。でも、アジトの方がみんなもいるし設備も豪華だから、入り浸っているようだね。たまにエイさんが帰ってきたときは、ベッドが占有されるから、朝まで仲間と外をうろついてたりするみたいなのだ」

Q.BloodyPaellaのメンバーで、お酒に強い順番が知りたいです。

COM_Z
「はいはい!つぎの通りなのだ~!

強い人から順に
ヒドラ
フジツボ
エイ
クラゲ
サメ
ユーニッドくん
カメノテ

アサリ、魚骨ちゃんはお酒を飲まないのだ」

Q.ユーニッドはお酒は好きなのでしょうか? もし好きならどんなお酒が好きなのか是非知りたいです!

COM_Z
「辛口の純米酒がお好きだそうなのだ。おっとな~!」

シノ
「そのくせ酔い潰れているらしいな」

Q.たもちゃんは、なんでたもちゃんという名前なんですか?

COM_Z
「たもたもしているからなのだ!」

シノ
「たもたも……?」

Q.更生対象と施設の関係者で雑談などの会話が許されているのか教えて頂きたいです。

COM_Z
「ハック前の更生対象とは、マインドハックをするとき以外喋らないのが基本なのだ。バグの保有者との交流は危険だからね。ハック後の更生対象とは別に喋ってもいいんだけど、あんまり喋る必要はないんじゃないかな?」

Q.コムち先生!イーヴリッグさんの身体は毛むくじゃらですが、爪や牙は生えているのでしょうか?

COM_Z
「コムち先生がお答えするのだ!イーヴリッグくんは爪が生えてるよ~!でも、牙はないみたい。」

シノ
「腑抜けよ」

Q.2021年末の忘年会大集合イラストで、お酒を飲む人が大多数の中イーヴリッグくんの席には水が置かれていました。彼がお酒を飲まないのは飲酒がLAGOM教の教義に反するからですか?

COM_Z
「イーヴリッグくんは自分が無機であることに真剣だから、食事の習慣を恥じているのだ。だからお酒も飲まないし、おつまみも食べないのだ!」

シノ
「そんな教義では信徒が飢えんか?」

COM_Z
「別にLAGOM教団が物を食べちゃいけないって言ってるわけではないよ。イーヴリッグくんなりに教義を解釈した結果なのだ。でもここだけの話、みんながいなくなってからこっそり残飯のポテトをかきこんでいたみたい!」

シノ
「やはり腹が空いているのではないか!」

Q.イーヴリッグくんがシャワーの時でさえ頭の箱を外さないと知って以来、彼がいつかハゲてしまわないかと心配です。あのままでは箱もサビてしまいませんか?たまに外して洗ったり干したりする事はありますか?

COM_Z
「心配してくれて優しいね!定期的に扉を開けて換気しているから、意外と通気性はいいみたいだよ!頭の箱はイーヴリッグくんが丁寧にお手入れしているから、錆びたりすることはないのだ!」

シノ
「いらん苦労を……」

Q.コムちの一番好きな花をしりたいです!

COM_Z
「たんぽぽなのだ!春になるとふわふわしていて実に興味深いのだ。」

Q.隊長の強さの秘訣というか常人離れした腕力に理由はあるのでしょうか

COM_Z
「過去に何か秘密があったみたいだね!あとは、あのでっかい肩かな!」

シノ
「なぜあの装備で普通に生活しておるのだ……」

Q.ホットフィックス隊の皆さんは、みんな寮生活なんですか?

COM_Z
「寮で暮らしたい人だけが寮生活しているよ!けど、ホットフィックス隊のスケジュールに合わせるのが便利だから、ほとんどの人が寮にいるみたい。ご家族がいる人はご家庭から通ってるみたいだね」

Q.ホットフィックス隊の寮の怪奇現象(すきまトーク22)が起きる部屋は今どうなっていますか。隊長が泊まっているんですか?

COM_Z
「隊長は泊まってないよ!可哀想なホットフィックス隊員くんが今でもおののきながら暮らしているのだ」

シノ
「もう部屋ごと潰せばいいものを……」

Q.コムちは食べれますか???

COM_Z
「キミはワガハイを食べようとしているのだ?コムちは食べてもおいしくないよ~!」

シノ
「貴様が食事できるか聞いたのだろう」

COM_Z
「え?ロボットがご飯を食べられるわけないのだ。シノちゃん、何言ってるの?」

シノ
「ば、馬鹿にしおって……!」

 

COM_Z
「さてみんな、今日の電話相談はどうだったかな?今回も興味深い情報が盛りだくさんだったのだ!
それじゃあ、次回も元気にマインドハック!まったね~」

シノ
「これはいつまで続くのだ……?」

MINDHACK:給湯室

ごきげんよう、ササンです。最近やっと涼しくなって、まともに生活できるようになってきましたね。当然、開発もモリモリ進んでいくわけです。そんなわけで、今回は久々に進捗紹介です。まずはこちらをご覧ください。

毎月末に更新している、すきまトークのシーンたちです。隊長や新米隊員くんたちが仲良く話していますね。すでに26回目を迎えており、この光景も随分お馴染みになってきたかと思います。そして、ひょっとしたらこう思っている方もいらっしゃるかもしれません。

この人たち……いっつも廊下か先生の部屋で駄弁ってるなあ……

誤解です。いや、そうなんですけど、違うのです。隊長と新米隊員くんは決して常に廊下でサボったり先生の部屋に入り浸ったりしているわけではありません。すきまトークは、彼らがたまたまその場に居合わせた現場を切り取っているだけなのです。実際的な話をしてしまうと、これまでゲーム中の背景が廊下と先生の部屋(と、デバッグルーム)しかなかったんですよね。同じ背景でやりくりしていたため、延々と勤務中に立ち話しているかのような構図ができあがってしまっていたわけです。

でも、そんな日々はもうおしまいにしましょう。こちらをご覧あれ!

いかがでしょう。給湯室です。いくら天才マインドハッカーやエリート集団ホットフィックスといえど、人間ですからね。お腹も空くし、ごはんの支度もしなくちゃいけないわけです。休憩の合間にコーヒーを飲みにきたりもするみたいですね。見どころは、電気ケトルや自販機の花柄です。レトロでかわいい。

きっと次回からは、給湯室でティータイムを繰り広げる優雅なすきまトークが繰り広げられることでしょう。そして来週はふたたび質問コーナーです。よろしくお願いします。

MINDHACK:質問コーナー回答その1

【動画バージョンはこちら!】

「コムちと!」

シノ
「………………」

COM_Z
「シノちゃんの!」

COM_Z
「マインドハック電話相談~~~!」

COM_Z
「みなさんこんにちは!ご存じ可愛いコムちなのだ。今回の企画では、みんなから寄せられたマインドハックに関する質問に、ワガハイCOM_Zがお答えしていくのだ。たっくさんの質問が寄せられたから全部はお答えできないけれど、できる限りの質問に返していくのでよろしくね!それではいってみよう!」

 

Q.マインドハック会議とは何なのでしょうか、可能でしたら具体的な議題を教えていただきたいです!

COM_Z
「マインドハック会議はもともと、マインドハックの技術ができたころ、その良し悪しを問うべく立ち上がったのだ!でも、この10年で技術はすっかり普及したんだよね。今では全国のマインドハック施設の成果発表や表彰なんかが行われているのだ」

Q.ホットフィックス隊はどのぐらいの人数で構成されていますか?

COM_Z
「隊員さんが10人~15人。それに副隊長が1人と、隊長が1人なのだ!なんで誤差があるかっていうと、入れ替わりが激しいからなのだ~」

Q.ハックされた更生対象は一般にどの程度の期間を経て出所(?)するのでしょうか。

COM_Z
「経過によって1週間から、長い人は1か月くらいなのだ。身元を引き受ける人がいない場合とか、ハックした後のショックが長引いて健康状態がよくない場合は施設での滞在期間が長引くようだね」

シノ
「長居して飼い殺されるのは御免だな」

Q.新米隊員くんはおむすびの具何が好き?ワイはすじこ〜

COM_Z
「すじこはオイシイよね~!新米くんはねえ、牛カルビおむすびが好きなのだ!」

シノ
「なんと邪道な……!」

Q.隊長は自身の私服についてこだわりがあるのでしょうか、あるのでしたらどのようなこだわりがあるのでしょうか?

COM_Z
「特にこだわりがないみたいだけど、不思議とセンスがいいって評判なのだ。やっぱり才能ってやつ?」

Q.警備隊の隊長さんと新米さんに、兄弟はいますか?

COM_Z
「新米くんは一人っ子なのだ!隊長はご兄弟がいたみたいだね?」

Q.主要キャラクターの誕生日を教えてください!

COM_Z
「はいはーい!つぎの通りなのだ!」
隊長…11月5日
新米隊員…6月24日
ユーニッド…8月23日
イーヴリッグ…4月19日

Q.体験版の範囲ではユーニッドが書類上でもファーストネームのみだったようにお見受けします。隊長には「ソーン」というラストネームが存在しますが、MINDHACKの世界ではラストネームが存在する人と存在しない人がいるのでしょうか、そのようであれば彼らの違いとは何なのでしょうか。

COM_Z
「ユーニッドくんは、ほんとは父親の名前をラストネームとして名乗るはずだったみたいだね。でも、親御さんとの縁が切れてしまっているので戸籍に登録がないようなのだ!」

シノ
「親子の縁とは所詮そんなものよな」

Q.頭が宙に浮いている方々の食べたものは、どうやって胃に届いているんでしょうか?

COM_Z
「えーっとねえ、量子テレポーテーションって分かるかな?」

シノ
「よせ、長くなるなら言わんでよい!」

Q.イーヴリッグくんの趣味、特技、好きなもの、嫌いなものが知りたいです!

COM_Z
「君はイーヴリッグくんが大好きなんだね!資料を取り寄せたので読み上げてあげよう。趣味は瞑想!……と言って北欧メタルを聴いてるみたい。特技は人を疑わないこと。好きなことは都会のおしゃれな場所巡り。嫌いなものは実家の煮物と頑固な人なのだ!イーヴリッグくんのこと、ちょっぴりわかったかな?」

Q.ユーニッドが擁護施設を出たのは何歳の頃なんでしょうか。また、その時点で住居のアテはあったのでしょうか。

COM_Z
「ユーニッドくんは13歳のころ養子にとられたんだけど、相手先にうまく馴染めなくてフラッと出て行ってしまったようなのだ。引き取り手も諦め気味で、周囲からも仕方ないって反応だったみたいだね」

シノ
「それだけ悪餓鬼扱いされていた訳か」

Q.ユーニッドの学生時代の不得意科目&得意科目が知りたいです!!!

COM_Z
「ユーニッドくんは図工が苦手だったようだね。絵も粘土も不得意だったけど、一生懸命やるので先生からは好評だったようなのだ。得意科目は給食!みんなの残飯を根こそぎ平らげていたのだ!」

シノ
「それは科目ではないのではないか……?」

Q.フジツボくんはまともで良い人そうなのになんでブラッディパエリアに入ったんですか?

COM_Z
「まともでも良い人でもないからなのだ!」

Q.犬Tシャツ、素敵なのですが色がたくさんあって迷います。おすすめの色やこの色かっこいいよ!っていうのがあれば教えてください。

COM_Z
「グッズを見てくれてありがとう!おすすめはやっぱり、シンプルイズベストな白かなあ。シノちゃんは何色が好き?」

シノ
「我はあのような軽薄な服は着ぬ」

Q.せっかくなので各キャラクターが履いてるパンツの色を教えてください!

COM_Z
「ユーニッドくんはハイビスカス柄を履いているのだ。イーヴリッグくんは無機のキャビネットたるもの、下着は白と固く決意しているようだね。新米くんはグレーのシンプルなタイプを着用しているよ。隊長は黒なのだ!」

シノ
「そんな情報をどこで仕入れた!?」

 

COM_Z
「さてみんな、今日の電話相談はどうだったかな?隔週で質問へお答えしていくから、今後の回答もお楽しみになのだ!それじゃあ、次回も元気にマインドハック!まったね~!」

シノ
「我は毎回付き合うのか……?」

MINDHACK:質問コーナーのお知らせ

COM_Z
「コムちと!」

シノ
「…………」

COM_Z
「……シノちゃんの!」

COM_Z
「夏休みマインドハック電話相談~~~!」

COM_Z
「もう、シノちゃん!タイトルコールはちゃんと一緒に言ってくれないと困るのだ」

シノ
「いきなり叫びだして何だ。とうとう気を違えたか」

COM_Z
「さて、みんな!夏休みの宿題はもう終わったかな?ドリルや作文は終わったけど、自由研究がまだ……という人もいるかもしれないね。そんなお友達のために、特別な企画を用意したのだ!」

シノ
「誰に向かって話しておる?」

COM_Z
「今回我々は、MINDHACKにまつわる質問を大募集!寄せられたみんなの疑問にお答えしていくのだ。MINDHACKの世界についての不思議なことや、キャラクターの個人情報に至るまで、知りたいことは何でも送ってね!」

シノ
「なぜ何もない空間に語りかけている?」

COM_Z
「宛先は以下のフォームから!8月22日までに質問を送ってね。全ての投稿には答えられないかもしれないけど、なるべく頑張るから、どしどし応募してほしいのだ~!」

COM_Z
「みんなからの、すなおでスルドイ質問を待っているよ!それじゃあ、まったね~~!」

シノ
「て、徹底的に無視しおって……!」

MINDHACK:グッズ通販開始のお知らせ

BitSummit X-Roadsで頒布したMINDHACKグッズの通販を開始しました!

取り扱いグッズは
・クリアファイル
・アクリルキーホルダー
・ステッカー
の3点となります。

【ステッカーについてのお知らせ】

先日のブログでステッカーは「各種グッズを購入時にランダム封入」とお伝えしていましたが、ご要望を受けて「ステッカーセット単体での販売」に切り替えました。これに伴い、在庫の都合上「各種グッズ購入時のランダム封入」は行わないかたちとなります。ご購入の際はご注意ください。またステッカーセットの在庫僅少のため、一時的に売り切れとなることが予想されます。追加在庫は9月頭にご用意する予定ですので、続報をお待ちください。

通販ページは下記URLよりどうぞ!

こたつストア – BOOTH

 

また、あわせて新規グッズとして「ウニの犬」各種商品の取り扱いを開始しました。以前ブログの企画で公開した、ユーニッド作のイラストをあしらったTシャツなどを販売しています。こちらもあわせてご覧ください。(販売サイトがアクリルキーホルダー・ステッカーとは異なるためご注意ください)

VODKAdemoのオリジナルアイテム・グッズ通販 ∞ SUZURI

MINDHACK:BitSummit X-roads 出展レポート

ごきげんよう、ササンです。先週のBitSummit X-Roadsでは、会場に来てくださった皆さんも配信等で見てくださった方もありがとうございました!今回は来られなかった方々にも会場の雰囲気を伝えるために、VODKAdemo?視点でレポートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月5日、15時ごろ京都着!西の大地を踏みしめた我々が一路向かったのは、BitSummitの会場みやこめっせ……
……ではなく、お団子屋さんであった……!!

初日にまず向かったのが、創作和菓子店「果朋」さん。二条城の近くにある店舗で、旬のフルーツを使った大福などが看板のお店です。

その中でもホでヴたっての希望で購入したのが、果朋だんご。なんとお団子がそのまんま瓶詰めになっています。メディアで取り上げられているのをご覧になった方もいるかもしれませんね。こちら、みたらしと白味噌があったので各人で購入しました。

その後、ホテルに荷物を置きみやこめっせへ。会場に入ると、入り口すぐのところでは企業ブースがすでに設営を始めていました。大規模な骨組みが建設されつつあり、VODKAdemo?一同を圧倒。これがBitSummit……!デベロッパーブースに机が並んでいる様子を見ると、いよいよイベントだ!という気合が入ります。というわけで、さっそく設営!まずは事前に購入していたポスタースタンドを設置します。これにホでヴ作のイラストを提げれば、立派なブースの目印になるというわけです。いざ!

……。なんかおかしいですね。直立するはずのポスタースタンドが大いに傾いています。これが目印になると、なんか見るからに情けない感じのブースになってしまいます。恐らく根元のネジを締め切れていないのが原因かと思われますが、ドライバーなどの工具は持ってきていません。出発前の荷造りで「いるか?いらないな〜(笑)」と切り捨てた記憶が明確にあるので。

結局、紅狐が機転を利かせてテーブルの脚にスタンドを括り付けてくれたので、何とか見られるかたちになりました。

ということで、ポスターを提げましょう。これでいざ!

……。丸めて持ってきたポスターに巻きグセがついていて一向に直りません。大々的にポスターを設置するようなブース設営は今回が初めてだったのですが、巻きグセのつかない布ポスターの必要性がやっと理解できました。紙ポスターだと綺麗に提げられないわけですね……。

結局、紅狐が機転を利かせてポスターの裏に重りをつけてくれたので、事なきを得ました。さすが弊チームきってのブレインです。

その後はPCをセットアップし、デモが問題なく起動することを確認。フライヤーやステッカーなどの配布物を並べていきます。そして今回の目玉となるのが、グッズの頒布!イベントに向けて制作してきた、アクリルキーホルダーとクリアファイルを陳列します。ところが、ここでも問題が発生しました。

MINDHACKのキャラクター、色が渋すぎて全然目立た〜〜ん!アクリルキーホルダーを展示するための什器に真っ黒なものを用意してしまったため、完全に背景に溶け込む一同。おまけにBitSummit開幕時には会場の照明が落とされるため、いよいよ完全に視認できなくなってしまいました。こちらは、ひとまず背景に白い紙を挟むことで対応。そういえば、イベント出展者へのオススメ持ち物を紹介した本に「クリップライト」と書いてあった気がします。こういうわけで必要だったんですね。出発前の荷造りで「いるか?いらないな〜(笑)」と切り捨てた記憶が明確にある。

そんなわけで、ドタバタしつつも何とか設営完了。いよいよイベント開幕を迎えます。

まずは8月6日、1日目。この日はビジネスデイで、メディアや開発者の方が中心に遊びに来てくれました。以前からオンラインイベントなどでMINDHACKを知っていてくださった方もいれば、全くの通りがかりで偶然本作を発見してくださったという方も。完全初見の方がプレイする様子を見られたのは、開発チームとしてもすごく勉強になりました!また、ときには「えっ、あのゲームの開発者の方ですか!?」「あのメディアの方ですか!?」という来場者の方がいらっしゃることもあり、サプライズが満載の日でもありました。お土産にステッカーもたくさん頂き、ホクホクです。

それぞれ店番をしない間は好きなゲームを遊びに行きました。紅狐は以前から気になっていた『GRAPPIN(グラパン)』をプレイ。グラップリングフックを使って山の登頂を目指すアクションゲームで、ワイヤーアクション好きの紅狐はとにかく面白いと絶賛していました。一方、ホでヴ・ササンは「プロジェクトコード“M”」をプレイ。殺人鬼と探偵、2つの視点を描くノベルゲームで、凄惨な事件と軽快なキャラクターの会話でどんどん続きを読みたくなる魅力がありました。さらにホでヴは、相手の足場を落とす対戦アクション『Dragon Drop』も体験。ゲームの楽しさはもちろん、ブースにいたドラゴンのぬいぐるみが可愛かったです。開発者さんのご友人作だとか。

そうして怒涛の勢いで終えた1日目。まだ日程的には半分というところで、すでにチームの疲労はピークです。この日の夕食はマクドナルドで済ませることに。ポテトとナゲットだけという非常にジャンクなメニューだったのですが、このとき食べたマクドナルドが人生で1番美味しかった気がします。疲れた脳に塩分と脂質が沁みる!それから果朋さんのお団子も同じタイミングで実食。またこれが、疲労が爆ぜ飛ぶような美味しさでした。「もちもち」というよりは、むしろ「とろとろ」と表現したくなる口溶けのお餅。深みのある甘さもあって、1日の終わりの最高のご褒美になりました。

続いて2日目。お布団が変わってほぼ眠れなかった紅狐を心配しつつ、一般参加の来場者の方々を迎えました。この日は何といっても、以前からMINDHACKを知ってくださっている方々との出会いが嬉しい日でした!ゲーム実況でMINDHACKを知ってくださっていた方や、最初期の体験版を遊んでくれた方まで、たくさんの方にお越しいただきました。MINDHACKを楽しんでくださっている方に、実際にお会いするのは今回が初めての機会で、本当に励みになりました。

この日、ウニのアクリルキーホルダーは完売。アクキー全種をお迎えくださる方もいらして、嬉しかったです。そして2日目といえば、ホでヴのプチリクエストも実施しました。ブースに来てくれた方の好きなキャラクターを、ミニサイズのイラストに描いてお渡しするという企画。体験版の主役だし、ウニが一番人気かな?と思っていたのですが、意外とこちらはバラける結果に。デモ未登場のイーヴリッグや、スピンオフBloody Paellaのキャラクターなどディープなリクエストをくださる方もいて、嬉しい驚きでした。

2日目も、ほとんど人が途切れることなくブースに遊びに来てくださりました。時間によってはバタバタしたり、試遊にお待たせしてしまったりして申し訳なかったです!忙しい部分もあった反面、たくさんの方にMINDHACKを愛していただき、本当にエネルギーをいただきました。今回いただいたパワーを糧に、アーリーアクセスに向けてしっかり開発を続けていきます!

頒布したグッズについては、通販の準備を進めています。こちらは近日中に詳細をお知らせしますのでお楽しみに。改めてブースにお越しくださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました!

 

MINDHACK:配信形態についてのお知らせ

【アーリーアクセスについてのお知らせ】

いつもMINDHACK開発ブログをご覧いただきありがとうございます! 紅狐です。
7月30日に配信されたasobu indie showcase2022はいかがだったでしょうか?
また、8月6日・7日に開催予定のBitSummit X-roadsでも、お会いできるのを楽しみにしています!
(各種グッズは今後通販も予定しておりますので、会場に来られない方もどうぞご安心ください!)

 

大きなイベントを控え、また初めて体験版をリリースした日から約1年が経ちまして、ここでMINDHACKのリリース時期についてのお知らせがございます。

MINDHACKは2022年の冬以降を目標に、Steamにてアーリーアクセスとして配信いたします!

 

このアーリーアクセス版では、ゲームの全体のお話のうち、ちょうど半分までを遊んでいただける予定です。アーリーアクセス(早期アクセス)とは、ゲームが完成する前に、開発途中のバージョンを早期配信(販売)することです。つまり、ゲームのフルバージョンのリリースではありません。

これまでwebサイトやsteamページ上では2022年内の配信予定としておりましたが、ゲームの全体を遊んでいただくにはもう少しお時間をいただくことになりそうです。楽しみにしてくださっている皆様にはフルバージョンをお待たせしてしまうのを心苦しく思いますが、何よりVODKAdemo?自身もMINDHACKという作品の大ファンなので、まずは早く遊びたい!という一心でアーリーアクセスを行うことに決めました。

 

【なぜアーリーアクセスを行うのか?】

私たちVODKAdemo?はMINDHACKという作品を、自分たちの欲しかった理想のゲームを作る、ということを最も大事にして日々制作を続けています。登場するキャラクターたちの個性を魅力的に見せることに何よりも焦点を当てている、という点は、この開発ブログでもお伝えしてきた通りです。
特にキャラクターのグラフィックに関しては、ただの表情差分として以上に、立ち姿一枚でも彼らの人となりが滲み出るようにしたいとホでヴが尽力してくれています。

もうひとつ、MINDHACKが大切にしているコンセプトには「ひとりの人物やものごとの多面性を描く」という部分があります。
ゲームに登場する更生対象たちは「マインドハックによって必ず自我を編集されるべき悪人」とされていますが、彼らの記憶を覗いた時に感じることは人それぞれ異なるはずです。その多面性を強調するために、全く異なる視点から彼らを見た時にはどのような印象が生まれるのか?という追加資料をササン三が追加してくれています。ゲーム本編は施設の中という閉鎖空間で展開されるお話なので、もうひとつ「第三者の視点」「現在ではない時間軸の視点」例えば新聞記事のような過去の記録を追加することによって、より多角的な印象をキャラクターたちに与えられるのではないかと試みています。

こうした部分に開発コストを注ぐ分、グラフィックの作画やテキストの執筆・翻訳にも、より時間をかけて取り組んでいきたいと考えています。開発の進捗は引き続きブログにてお知らせしていきますので、どうぞお楽しみに!

 

そして最初の体験版をリリースしたあと、何より励みや参考となったのは、遊んでくださったプレイヤーの皆様からのフィードバックです。第一章の体験版のうちでも、立ち絵の追加や演出強化、タイピング部分へのご要望への対応など、多くの改善するべき点が見つかりました。

ゲームがアニメやマンガなど他のメディアと最も異なっているのは、体験の芸術であるという点と思います。今後の開発においても、実際に体験してくださったかたの感想や反応が多ければ多いほど、改善の足掛かりになります。

文章を書くときに最も重要なのは、「このテキストを読んだかたがどう思うか」を想像することです。少なくとも私・紅狐にとっては、文章によってシナリオを組み立てていくのは、レースゲームのエディットモードでコースを作るのとほとんど同じ感覚です。文章から景色が生まれるのは、読んでくださるかたの目が実際にそこを走って、想像を巡らせてくれた時だけです。これはゲームとプレイヤーの関係に非常によく似ています。

プレイヤーがどういう感情でコースを走ったのかを知ること、どこの景色が綺麗でどこが印象に残ったのか、その人それぞれの軌跡を知ることこそが物語を書く最大の楽しみです。そしてもし地面に走りづらい凸凹が見つかったとしたら、それを補修して、後編の執筆・開発に大いに活かしたいと思っています。
アーリーアクセスの配信後にもぜひプレイヤーの皆様からのフィードバックを頂ければ、より遊びやすいゲーム・読みやすいシナリオテキストへと改善していけるのではと考えています!

 

フルバージョンとの違い

前述の通り、アーリーアクセスバージョンでは配信時に「ゲームの全体のうち、ちょうど半分」までを遊んでいただける予定です。
また、配信の日が近づいた折には改めてお知らせする予定ですが、アーリーアクセス開始時点ではフルバージョンよりもお買い得な金額で購入できるように予定しております。
フルバージョンのリリース時には価格の改定を行いますので、どうぞご容赦ください。

 

 

2021年の春にゲームを作り始めた当初には想像もできなかったほど、このMINDHACKというゲームのおかげでVODKAdemo?三名とも、身の回りの環境が一変しました。沢山のかたの応援やご助力に改めて心からお礼申し上げます。

遊んでくださる方々の心に残るゲームとして、VODKAdemo?一同もフルバージョンリリースの日を心待ちにして制作を進めていきます。まだ少しお時間をいただきますが、この開発の過程も一緒に楽しんでいただければ幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

紅狐(シナリオ・技術担当)

MINDHACK:グッズ紹介

先週お伝えした通り、MINDHACKは8月6日・7日の「BitSummit X-roads」に出展します。会場では、MINDHACK初のグッズ各種をお届け!今回のブログでは、そのラインナップをご紹介します。

・ステッカー
MINDHACKをモチーフにしたステッカーができました!ゲームロゴをあしらったものと、ハック中のお花を模したものをご用意しています。こちらは、ブースに遊びにきてくれた人に配布予定。お好きなところに貼って、天才マインドハッカーをアピールしていきましょう!後日、通販のおまけにもランダムで封入予定です。

・クリアファイル
ゲーム内のUIをイメージしたクリアファイルを販売します。表面には、作中に登場する先生の手とメッセージウィンドウをデザイン。ファイルにお好みの絵を入れればどんな相手も更生対象に早変わりします。自分やお世話になっている人の写真をしまっておくのもいいですね。隣のあの子をマインドハック!

・アクリルキーホルダー

MINDHACKのキャラクターたちが、デフォルメされた可愛い姿になりました。グッズのために書き下ろされた特別なイラストがデザインされています。サイズは5cm程度なので、学校や職場にこっそりキャラクターたちを連れ歩いてみてください。ちなみに、アクリルキーホルダーのイラストはクリアファイルの裏面にもデザインされています。

今回、ホでヴ監修のもとアクリルキーホルダーのイラストを手がけてくださったのは、イラストレーターの小田ハルカさんです。小田さんは、近年では水彩抒情アドベンチャーゲーム『すみれの空』の2Dリードアーティストを務めたほか、現在はテレビマガジンで『トランスフォーマーごー!ごー!』を執筆されています。可愛い少女からカッコいいロボまで、とにかく幅広い絵柄が持ち味! MINDHACKのキャラクターも世界観に馴染ませつつ、キュートにアレンジして仕上げてくださりました。以下、小田さんのコメントをご紹介します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-プロフィール
この度グッズイラストを描かせていただきました、イラストレーターの小田ハルカと申します。
肩書はイラストレーターですが、スタンスは便利なおえかき屋さんです。
今は主にマンガの連載で生きています。

-SNSアカウント・webサイト等のURL
Twitter (https://twitter.com/aries_bug)
Tumblr (https://aries-bug.tumblr.com

-MINDHACKへのひとことコメント
MINDHACKのことは、開発初期の方から存じ上げていたように思います。
実は開発メンバーのホでヴさん・紅狐さんは以前より面識があり、普段から御二方の創作を大変ありがたく浴びておりました。
そこに加えて本タイトルのコンセプト「悪い人の頭の中をお花畑に書き換えちゃうゲーム」ときたもんだ。
はぁ 勝ち確やないか…と思ったものです。
こうしてだいすきなMINDHACKにまさか関わることになり、光栄の極みです。本編開発めちゃくちゃ応援しております。―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

グッズ各種は、MINDHACKは8月6日・7日の京都BitSummit X-roadsにてお届け!(一般公開日は7日のみ) 後日通販も予定しているので、ぜひお手に取ってみてください。

MINDHACK:BitSummit X-roads & gamescom 2022参加のお知らせ

本日のブログはご陽気なお知らせが2件です!

【その1:BitSummit X-roads】

8月6日・7日に京都みやこめっせで開催される「BitSummit X-roads」に、MINDHACKが出展します!

https://bitsummit.org/ja/

BitSummitは、毎年京都で開催されているインディーゲームイベントです。出展されるゲームは50点以上!国内外で制作された個性豊かなゲームが展示され、実際に試遊したり、開発者に直接話を聞いたりすることができます。

今年で開催十周年を迎えた「Bitsummit X-roads(クロスロード)」に、MINDHACKもめでたく参戦いたします!

会場では第一章の体験版を試遊展示します。開発チームVODKAdemo?のメンバーも勢ぞろいでお待ちしておりますので、一般公開日の8月7日(日曜日)にはぜひお気軽に遊びに来てくださいね。
※8月6日(土曜日)はデベロッパー、パブリッシャー、メディアのみが入場できるビジネスデイとなります。

 

くわえて、会場ではMINDHACK初のグッズ販売も実施します!
こちらはBitSummitで初頒布するほか、今後、通販での販売も予定しています。
京都に行けない!という方も後日お手に取っていただけるようにいたしますので、お待ちいただければ幸いです。

グッズのための描き下ろしイラストもご用意しているので、お楽しみに!
開催日までの開発ブログで、どんなグッズになるかをご紹介してまいります。

BitSummitでの作品紹介ページはこちらからどうぞ!

 

【その2:gamescom 2022】

ドイツのgamescom 2022にて、Japan PavilionにMINDHACKが出展します!

gamescomといえば、E3や東京ゲームショウに並ぶ世界三大ゲームイベントの一つ。このなかで日本のインディーゲームを紹介するJapan Pavilionに、MINDHACKも展示していただけることになりました。
「ドイツ参戦予定だぜ!」というツワモノの方は、海の向こうでも見守っていただければ幸いです。

 

それでは、暑い夏も元気にマインドハック!