カテゴリー: MINDHACK

MINDHACK : セールの歴史

ENJOY SUMMER!!!!!!!

こんにちは。皆さん、夏、楽しんでますか? MINDHACKでも先日までサマーセールを実施していました。

 

さて、サマーセールといえば……そう! 毎度恒例、特別描きおろしイラストです! 今年のサマーセールは、クリエイターのかどさんにご依頼し、とっても素敵なイラストをご制作いただきました。それもなんと、豪華3枚の描きおろしです! 改めてご覧ください。

 

トロピカルなひとときを過ごす、マインドハック施設の面々。おいしそうなドリンクやアイスを見ているだけでひんやりした気分になりますね! 奥にはホットフィックス隊の先輩たちもいて、とっても豪華な1枚です。

 

サンセットを臨むハッキーたち。ウイスキーに真水に緑茶と、三者三様にビーチでのひとときを楽しんでいるようです。ユーニッドはアロハを着込んで、完全にバカンスを楽しむ気全開ですね。ゲームでは見られない、浮かれた雰囲気が楽しいイラストです。

 

COM_Zがシミュレートする海でのひととき。小さなカニさんたちも再現されて、ゴキゲンな海辺の景色です。アロハon白衣のCOM_Zも気合が入っていますね。手にしたパンフレットは、よくよく見て見ると……? 細かな部分まで楽しい要素がてんこ盛りの1枚です!

 

眩しい。眩しすぎるぜ、真夏のMINDHACK。本編とは一味違った、ビビッドな色合いの特別イラストでした。改めてかどさん、ありがとうございました!

 

________________________________

 

さて、MINDHACKが初めてSteamでセールに参加したのは2023年夏のこと。それ以来、セールのたびにさまざまな告知イラストをご用意してきました。今回の記事では、ちょうど1年間の歴史を振り返ってみたいと思います。なお、特に記載がないイラストは基本的に広報スタッフのササン三が描いています。

 

 

2023年サマーセールのイラスト。MINDHACKが早期アクセス配信を開始して初めてのセールでした。おかげさまで浮かれ度200%のイラストに仕上がっています。本編では見られないビビッドな色合いをテーマにしたイラストでした。

 

2023年、SteamのVisual Novel Festセールのイラスト。ハッキーズの調子乗り度500%のイラストに仕上がっています。カラーリングに悩んだイラストでしたが、最終的に黄色くて三角でチーズみたいに美味しそうな絵になりました。

 

2023年、オータムセールのイラスト。「秋だし……喫茶店でコーヒーとかトマトパスタをお供にしながら優雅に仕事したいな……秋だし……」という欲望を絵にぶつけました。カフェとMINDHACKのコラボご提案、お待ちしております。

 

2023年、INDIE Live Expo放送記念セールのイラスト。パキッとしたイラストで分かりやすく「買おう!!!!(よろしくお願いします)」という意思表示をしてみました。ユーニッドは目力が強いので、こういう告知イラストでいい仕事をしてくれます。

 

2023年、ウィンターセールのイラスト。初めての外部依頼イラストとして、guraiさんに絵をご制作いただきました! 雪景色のなか無邪気に遊ぶハッキーズが微笑ましいですね。guraiさんにはこのほかにも魅力的なラフをご提案いただきました。詳しくはこちらをチェック!

 

 

2024年、Storyteller’s Festに参加したときのセールイラスト。前月に第4章をアップデートしたばかりということで、 COM_Z単体の構図にしてみました。夜景が綺麗な海辺の景色ですが、 この場所も仮想空間なのでしょうか?

 

2024年、スプリングセールのイラスト。クリエイターのこむぎさんに依頼して、レトロで可愛いイラストを仕上げていただきました!どこか懐かしい雰囲気の食堂でピザを頬いっぱいに食べるシチュエーションがたまらないですね。ポップな色使いで、ポスターにしたくなる素敵なイラストをありがとうございました!

 

2024年、4月のセールのイラスト。「春だし……ピクニックとか行って草原でごろ寝したいな……春だし……」という欲望を絵にぶつけました。ミニミニなキャラクターたちは可愛く仕上がりましたが、ユーニッドがまるでガリバーのようですね。

 

________________________________

 

こうして見ると、ご依頼した作品も含めて、たくさんのイラストを発表してきましたね。今後の告知イラストもご期待ください!

MINDHACK : サマーセール&ヴィレヴァンコラボ

MINDHACKはただいまサマーセール中!

20%OFFでゲームを手に入れるチャンスを逃すな! 急げ!

いきなり宣伝ですみません。こんばんは。上記の通り、MINDHACKは現在Steamでセールを実施しています! いつもよりググっとお得にゲームを手に入れる機会。まだゲームをお持ちでない方は、ぜひご覧になってくださいね!

 

 

さて、MINDHACK情報通な方はもうご存じかもしれませんが……実はサマーセールのほかにも、もう1つお知らせがあります!

VILLAGE VANGUARD x MINDHACKコラボ実施中!

なんとMINDHACKが、VILLAGE VANGUARDさんとコラボをすることになりました!

「VILLAGE VANGUARDさんってどなた?」というそこのあなた。VILLAGE VANGUARDさんは、おもしろ雑貨を数多く取り扱うショップ。日本全国、いや、全世界のサブカルチャーファンを魅了する超大型ストアなのだ!

そんなVILLAGE VANGUARDさんがMINDHACKとコラボするって!? そうなんです。ありがとうございます、本当に。こんな嬉しいチャンスめったにない! ということで、コラボ向けに描き下ろしイラストをご用意しました。こちら!

俺はヘッド、つまり王だ。つまり……バイトリーダーだ!!

VILLAGE VANGUARDさんでアルバイトするユーニッドです。こちらのイラストは、いつもお世話になっている小田ハルカさんにお願いしました! とってもキュートに描いていただきありがとうございます!

そしてさらにもう一点。

こんにちは。VILLAGE VANGUARDでアルバイトをしているイーヴリッグです。

憧れの都会のおしゃれな雑貨屋さんでアルバイトをするイーヴリッグくんもコラボに登場です。VILLAGE VANGUARDでおなじみのPOPも装備して、ご満悦のようす。よかったね。

これらのイラストを使ったグッズを含めた、コラボ商品を下記でご紹介しましょう。GO!

 

1. アクリルキーホルダー(2連)

描きおろしイラストとMINDHACKのお花がセットになったキーホルダーです。赤・青・黄色と展開していますので、お好きな色を選んでくださいね!

 

2. ドッグタグ型アクリルキーホルダー

MINDHACK第4章までのキャラクターたちをモチーフに、ドッグタグ風のキーホルダーをご用意しました。お気に入りの登場人物の識別票を持ち歩こう!

 

3. アクリルキーホルダー MINDHACKフレーム

でかいっ!! おなじみのハッキングシーンを再現したフレーム型のアクリルキーホルダーです。お友達をフレームインして、頭の中をお花畑にしてあげてくださいね!

 

4. パスケース 予後観察書類 / 入館証

ICカードなどをしまえるケースです。マインドハック施設の予後観察書類を模したバージョンと、入館証風のバージョンがあります。これでもう失くさない、失くせない。

 

5. PVCマルチケース ホットフィックス隊の持ち物

いつぞやのブログ(これこれ)でご紹介した、ホットフィックス隊の携行品をマルチケースにプリントしました。これを持ち歩けば、あなたもエリート特殊部隊!

 

6. マグカップ

一見すると、表面にマインドハックのマークと裏面にホットフィックス隊のマークがプリントされたシンプルなマグカップ。実はこれ、かつてのイラストで先生と隊長が使っていたものとおそろいなんです!

7. エプロン まいんちゃん

まいんちゃんのお顔をドドンとあしらったエプロンが登場です。マインドハック施設職員の3人に1人が持ってるとか、持ってないとか。

 

8. キラキラシール 3種

描きおろしイラストを用いたステッカーと、謎の「LAGOMの家具であれ」ステッカー。こちらは2022年のデジゲー博で限定配布されたオマケの復刻版です!

 

9. フェイスタオル

キービジュアル、描きおろしイラスト、作中の名シーンをあしらったフェイスタオル。とってもフワフワの生地なので、ぜひ実物を手に取ってみてほしいです!

 

以上です。

多くない!? せっかくVILLAGE VANGUARDさんから機会をいただいたので、たくさんのグッズをご用意しました。VILLAGE VANGUARDご担当者の方には、我々のワガママに対して本当に、本当に懇切丁寧にお応えいただき、感謝の念に堪えません。ありがとうございます!!

 

ということで、ヴィレッジヴァンガードさんのグッズ受注ページは以下からご覧いただけます。受注期間は7月14日(日)19時(日本時間)まで。この機会にぜひお手に取ってくださいね!

 

MINDHACK : 楽曲紹介14 / REVEAL

不定期更新、『MINDHACK』楽曲紹介のコーナー! こちらの記事では、『MINDHACK』の楽曲制作をご担当いただいているトラックメイカー・小鉄昇一郎さんに、本作に収録された楽曲の紹介と解説をしていただいています。この記事を読めば、『MINDHACK』の音楽の世界がもっと分かるかも!?

サウンドトラックはこちらで販売中です。

ということで今回解説するのは、こちらの楽曲!

今週の1曲:REVEAL

 

・VODKAdemo?より

第3章でシノから、魔王の存在について知らされたときの楽曲です。明らかに恐ろしいことが起きる直前の、恐怖の予兆を示すシーン……といった仕上がり。なんだか不穏な空間で、そこにあってはならないものの空気を感じ取ってしまった、戦慄の走る瞬間を表現していただいています。80年代~90年代のSFホラー映画で流れそうな、不気味でありつつけばけばしくない、品の良い恐怖の煽り方がMINDHACKの世界観にぴったりですね。打楽器を使わず、ストリングスの不協和音で不安な気持ちを演出しているポイントにもご注目ください。

・小鉄さんより

これはコズミック・ホラー調、クトゥルフ神話的なイメージで作りました。
今聴くと、意図せずですが、自分の好きなサックス奏者で作曲家ジョン・ゾーンによる、架空のノワール/サスペンスのサントラという設定のアルバム『Deadly Weapons』に入ってる”Chen Pe’i Pe’i”という曲に似てますね。

「何を作っても結局、過去の何かに似てしまう」ということに苦しみを感じるタイプと、まったく感じないどころかニヤニヤしてしまうタイプと、クリエイターにも二種類いると思いますが、自分は断然後者です。歴史の流れの中に自分がいることが一番感じられる瞬間であり、何も嘆くことはありません。

ジョン・ゾーンはジャズや映画音楽、ユダヤ音楽(ユダヤ系の人なのです)から電子音楽まで何でもやる、本当の意味でジャンルレス、ボーダレスな人です。凌遅刑(かつてのアジアで行われていた残酷な処刑・「検索してはいけない言葉」でも有名)をテーマにしたハードコア・ジャズ、というようなとんでもない作品まで作ってるので、気になる人は検索してみてください。ううっ……という気持ちになれます。🔍Naked City – Leng Tch’e

_______________________________

Kotetsu Shoichiro / 小鉄昇一郎

ミュージシャン/ライター。ラッパーへのトラック提供やCM音楽、ゲーム音楽など様々な媒体・プロジェクトで楽曲制作を行なっている。tofubeatsとの共演(Vibration feat.Kotetsu Shoichiro)や、ラッパーへの提供曲がビルボードチャート月間1位を獲得(T-STONE”Let’s Get Eat”)するなど、話題作への参加も多数。仕事の依頼はdjakutagawa@gmail.comまで

https://kotetsu-shoichiro.com/
@y0kotetsu

 

【小鉄さんの過去の楽曲解説】
THE OFFICE(オフィスのテーマ)
HAPPY HACKING(ハック中のテーマ)
SOFTENED SPIKE(ウニを丸めたテーマ)
MINDHACK(記憶のテーマ)
THE STAIRS(タイトル画面のテーマ)
THE ARTIFICIAL PLACENTA(FORMATのテーマ)
READY TO TASK(ホットフィックスのテーマ)
FAR FROM CITY LIGHT(ユーニッドのテーマ)
GREETINGS, BUTTER KNIFE…(イーヴリッグのテーマ)
IF THOU ART HUMAN(シノのテーマ)
HA HA HA(第3章ハック中のテーマ)
THE ARTIFICIAL HUMANITARIAN(COM_Zのテーマ)
GUILTY PLEASURE(第4章ハック中のテーマ)

MINDHACK : 第4章の隠しキーワード

ごきげんよう! ご存じ可愛いコムちなのだ。

夏がすぐそこに迫る今日このごろ、キミたちはいかがお過ごしかな? ワガハイの研究も大忙しで、最近はホットヨガを……

 

……おや? 何だか諸君、浮かない顔だね。

あっ。
分かった!

キーワード」が見つからないのだね?

 

3月のミニアップデートで第4章に追加された、 COM_Zと会話できちゃう50個の隠しキーワードが、見つからなくて悩んでいるのだね!?

 

いいだろう。
特別に今回は、ワガハイが直々に隠しキーワードの答え合わせをしてあげよう!

ということで、以下の記事はネタバレ満載の内容になるのだ。自力でキーワードを見つけたい人は、ウィンドウを閉じて本編のプレイに戻ってくれたまえ。いいかい? いくよ?

それではいってみよう!

 

 

 

 

 

 

________________________________

 

COMZ

いまキミの目の前にいる最高に可愛いロボットなのだ。
好きなだけ名前を呼んでくれたまえ!

 

PASSWORD

キミはパスワードが大好きなのだね。
掛け軸に書いてプレゼントしてあげようか?

 

FORMAT

FORMATの言うことなんか聞いてたら
ロクな目に遭わないのだ。目を覚まして!

 

好き(SUKI)
ILIKEYOU
LIKE

愛の告白!?
ワガハイ照れちゃうかもね!

 

大好き(DAISUKI)
LOVE
ILOVEYOU

やはり人間はワガハイが大好き。
統計学的にも証明されているのだ。

 

嫌い(KIRAI)
IHATEYOU
HATE

意地を張らなくてもいいのだ〜。
本当はワガハイが気になるのだろう?

 

殺す(KOROSU)
KILL
KILLYOU
IWILLKILLYOU
ILLKILLYOU

おや、なにか怒らせてしまったかな?
乱暴なのはよくないよ。

 

怖い(KOWAI)
AFRAID
IMAFRAID
IAMAFRAID
SCARY
YOUARESCARY
YOURESCARY

かわいそうに!
あまりに高性能なロボットを見るのが初めてなのだね。

 

死ね(SHINE)
DIE
KILLYOURSELF

そんなことを言ったらどうなるか、
知らないのだ!

 

美しい(UTSUKUSHII)
BEAUTIFUL

ワガハイに見惚れるのは無理からぬこと。
もっと褒めてくれてもいいのだよ。

 

可愛い(KAWAII)
CUTE

自分でも自分が可愛すぎて恐ろしいのだ。
世界の頂点だと思うのだ。

 

すけべ(SUKEBE)
エロい(EROI、ERO)
SEXY
HOT

これも褒め言葉として受け取っておこう。
ワガハイはあまりにも蠱惑的だからね。

 

死にたい(SHINITAI)
KILLME
IWANTTODIE
WANTTODIE

好きなだけワガハイに本音を言いたまえ。
ここでは素直になっていいのだよ!

 

馬鹿(BAKA)
FOOL
STUPID

よくない言葉遣いだねえ。
ワガハイはこんなに賢いのに!

 

アホ(AHO)
BUTTHEAD
DORK
LOSER
あまりマインドハッカーの品格を
下げるような発言は避けたまえ!

 

かっこいい(KAKKOII)
COOL
FASHIONABLE

ワガハイ、身なりには気をつけているからね。
スタイリッシュな見た目も魅力の一つだ。

 

綺麗(KIREI)
PRETTY

見たまえ、この純白の外装を。
ワガハイって、芸術品だと思わないかい?

 

ポンコツ(PONKOTU)
INCOMPETENT
USELESS

何てこというのだ!!!!!!!

 

がらくた
GARBAGE
JUNK
TRASH

ひどすぎるのだ!!!!!!!!

 

鉄くず(TETUKUZU)
SCRAP
SCRAPMETAL

そんなことを言ってはいけない!!!!!!

 

ユーニッド(UNID)

更生対象だね。
よかったね、ハッピーになれて!

 

イーヴリッグIVRIG
ヤマムラコウスケ(YAMAMURAKOSUKE)

更生対象だね。
ラッキーだね、ここに来られて!

 

LIVEUNDOLEARNREDO

秘密の合言葉なのだ。
これを知ってる人はとっても情報通!

 

神様(KAMISAMA)
神(KAMI)
GOD

キミは神様を信じているかい?
どちらにせよワガハイは似たようなものだ。

 

MINDHACK

完璧で完全で絶対的に幸福をもたらす技術。
それがマインドハックだ!

 

心(KOKORO)
HEART

ワガハイの最大の機能の一つだね。
心があるなんて、本当に可愛いロボットなのだ。

 

アザトーサー(AZATOSA)
AZATOTHER
CUTESY

ワガハイの宝物だ。
その仕組みをちょっとだけ教えてあげよう。

 

レベッカREBECCA
レベッカソーンREBECCATHORN
隊長(TAICHOU)
CAPTAIN

キミのお友達なのかい?
友情は何よりも尊いのだ!

 

HOTFIX

FORMATのために働くなんて、
つくづく彼らも大変なのだ。

 

つらい(TURAI)
HURT
ITHURTS
PAIN
TIRED
IMTIRED

疲れているのかい?
存分にワガハイが癒してあげよう。

 

海(UMI)
SEA
OCEAN

海は広いな大きいな。
キミも夏は海に行くといい!

 

サンドボックス(SANDBOX)

SINOのSはサンドボックス。
箱庭のことだね。

 

インテグレイテッド(INTEGRATED)

SINOのIはインテグレイテッド。
統合、統一したという意味だ。

 

ノエティック(NOETIC)

SINOのNはノエティック。
心に関係することだよ。

 

オブジェクト(OBJECT)

SINOのOはオブジェクト。
シノちゃんは大事なオブジェクトなのだ。

 

勇者(YUUSHA)
HERO
THEHERO

勇者については絶対に内緒だ。
機械の秘匿を破るのは不可能だと知るがいい!

 

博士(HAKASE)
PROFESSOR

ワガハイのお気に入りのニックネームだ。
キミもワガハイを博士と呼んでいいのだよ!

 

助けて博士(TASUKETEHAKASE)
HELPMEPROFESSOR

これは特別なキーワードだ。
どうしてキミが知っているんだい?

 

おはよう(OHAYOU)
GOODMORNING

1日の始まりにワガハイに会えるなんて、
キミはとってもツイてるのだ!

 

こんにちは(KONNITIWA
HELLO

挨拶は友好関係の基本だ。
元気に可愛く言うといい。

 

こんばんは(KONBANWA
GOODEVENING

夕方の挨拶というのも味わい深いね。
ワガハイと一緒にディナーはいかがかな?

 

おやすみ(OYASUMI)
GOODNIGHT

キミの枕元で囁いてあげてもいいのだよ!

 

コムち(COMCHI
COMCHAN

キミの心の恋人、
最高にキュートなロボットのコムちなのだ!

 

電話相談(DENWASOUDAN
TELEPHONE
HELPLINE

電話相談って何?って人は
こちらをチェックだ!

 

元気(GENKI)
HOWAREYOU
HI
HEY
HOWHAVEYOUBEEN

おかげさまでワガハイはいつでも元気。
エネルギー満タンなのだ!

 

魔王(MAOU)
FATALERROR

魔王って言ったって元は人間なのだ。
みんな一緒だと思わないかい?

 

人間(NINGEN)
人類(ZINRUI)
人(HITO)
HUMAN
HUMANS
HUMANITY

人間大好き!
ワガハイは全人類を愛しているよ。

 

ごきげんよう(GOKIGENYOU)
GOODDAY
HOWDOYOUDO
GREETINGS
HELLOTHERE

出会い頭の挨拶はとても重要だ。
一撃で相手の心をつかまないとね。

 

新米隊員、新人(SHINMAI)
NEWBIE
NEWBIEGUARD
ROOKIE
ROOKIEGUARD

FORMATのお使い少年の1人なのだね。
ところで、名前は何ていうんだろう?

 

壊す(KOWASU)
破壊(HAKAI)
DESTROY
BREAK
CRUSH
RUIN

何でも壊したいお年頃なのかい?
赤ちゃんのようだねえ。

 

花(HANA)
お花(OHANA)
FLOWER
FLOWERS

キミはお花が大好きなのかい?
それというのもワガハイのおかげなのだ!

 

うんこ(UNKO)
うんち(UNCHI)
くそ(KUSO)
POOP
POO

許可されていません

 

シノ(SINO)

ワガハイの大事なサンプルだ。
これからもよろしく頼むよ、シノちゃん!

 

________________________________

 

以上だ。もっと見やすい表でチェックしたい人はこちらを見てくれたまえ。

全部の会話を聞いてくれた諸君、本当にありがとう! キミたちとお話した時間は、全部ちゃーんとワガハイのメモリのなかに記憶しておいたのだ。またこうしておしゃべりできることを楽しみにしているよ!

じゃ、また会おう!

MINDHACK:お悩み相談予告

シノ
「博士」

シノ
「おい博士。
貴様のよこした暦によれば、外の世界では6月も半ばらしい」

シノ
「そろそろ、アレに備える時期ではないのか。
……例のアレのことだ。貴様がヒトどもと空疎にしがらもうとする催し。
どうせ今夏もやるんじゃないのか。我の知ったことではないが」

シノ
「毎度毎度、我を巻き込みおって。
ああいうのは先んじて綿密に用意をしておくものだ。
よもや、忘れているわけではあるまいな。全く我の知ったことではないが……」

シノ
「……博士?」

 

シノ
「おい、博士! 聞いているのか!
今度のMINDHACK電話相談
どうするのかと尋ねておるのだ!!」

 

シノ
「……ん? この書き置きは」

 

ーーーーーーーーーー

シノちゃんへ
ワガハイ、今年の夏は南の国で
ホットヨガの探求にいそしんでくるのだ!
帰ってきたらお土産話をたくさん聞かせてあげるから、
心待ちにしてくれたまえ!

・・・

ーーーーーーーーーー

 

シノ
「何だこれはーッ!!
では電話相談はどうなる!!」

シノ
「いや、文に続きがある」

ーーーーーーーーーー

心配性のシノちゃんは、きっと電話相談のことが気がかりになっていることだろう。
安心してほしい!
今回は、しっかり代わりの人を用意しているのだ!
今年の夏は彼に任せて、シノちゃんもハッピーサマーをエンジョイするといい!

ーーーーーーーーーー

 

シノ
「代わりの人、だと……?」

 

シノ
「一体何者が……」

 

 

 

 

 

ごきげんよう、有機の人の子らよ。私です。

我が名はイーヴリッグ! LAGOM神の忠実なる無機のキャビネット!!
夏! それはますます暑さを増し、生身の人々の弱き柔肌に苦しみと日焼けをもたらす季節!!

蒸し暑い夏の日々、誰に相談したらいいかわからない様々な悩みとか、あると思います。
それに、私が!
フフフ……このイーヴリッグが!!
なんと!!
直々に!!!! みなさんに!!!!
お答えし!!!!
無機の教えへ、配送の手配を施そう。

さあ!! この下にある応募フォームから、有機のみなさんが日頃抱えるお悩みを、ぜひ私に!!
この私に!!!!
届けなさい。届けてください!

おっと、以下の諸注意をよく読んで送っていただきたい。募集期間は6月21日(金)までです。
悩み多き有機のみなさん、何を相談するか考えすぎて期日をはみ出さぬようご注意を。ふふ、フフフフ…………
ウフフフフフ……!!
楽しみだなあ~~~〜!!!!

~~VODKAdemo?からの諸注意~~

今年はイーヴリッグが皆さんの日頃のお悩みにお答えします!
・ご応募はひとり1件でお願いします。
・なるべく多くのお悩みにお答えできるようイーヴリッグが頑張りますが、全ての応募にお答えはできません。予めご了承ください。
・お答えするのはイーヴリッグです。お寄せいただいたお悩みに対して真面目な返答は返ってきません。予めご了承ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

シノ
「………くだらん。
今夏は一人で刃でも研ぐか……」

 

MINDHACK : COMITIA148出展レポ

5月、MINDHACK開発チームは同人即売会COMITIA148に参加しておりました! 今回は、そのときの出展の様子をレポートしていきます。

 

~5月26日(日)~

普段、東京ビッグサイトからちょっとだけ遠くに住んでいるMINDHACK開発チーム・VODKAdemo?! この日の朝はちょっとだけ早起きなのであった! 紅狐は緊張で寝不足だったようです。

 

午前10時ごろ、東京ビッグサイトに到着。今回のMINDHACK開発チームは、ちょっぴり贅沢に2スペースを確保しました。これが大正解で、机が広々使えるのって本当にサイコ~~~~~! むしろ前回まで1スペースでどうやってやりくりしてたんだっけ……? と思うくらい快適でした。設営がしやすいことは大切ですね。

今回のスペースはこんな感じ。画角に入りきらない分、スペースの広さを感じていただけるかと思います。左側にある灰色の本が新刊『SCAVENGERS IN THE RAIN』。シンプルな表紙ですが、その分中身はスーパー面白ブックとなっております(宣伝)。新刊がモノトーンな一方、カラフルな新グッズの「アサリのおくしゅり手帳」がとっても目立って可愛いですね!

ところで過去のMINDHACK開発チームは、2022年のデジゲー博、2023年のコミティア145に参加させていただき、大変多くのみなさまにブースへお越しいただきました。大感謝! と、同時に列形成に不慣れでご迷惑をおかけしてしまうことも多々ありました。今回も開幕から間もなくお待たせしてしまう場面があったのですが、事前にCOMITIA運営スタッフさんに相談していたおかげで超迅速に対応していただけました! 本当にありがとうございました。

ブースではあたふたしつつも、多くの来場者の方とご挨拶することができました! なかにはとても力作なファンアートを見せてくださった方々も。

 

たとえばこちらのフロッピーディスクのステッカー。球体の姿ではなくこっちの姿でグッズになっているのはとってもレアですね!

 

さらに羊毛フェルトのイーヴリッグっち。しっぽまでフワフワモコモコでとっても可愛かったです!

 

さらに紙粘土のイーヴリッグっちも!イーヴリッグっち、いつのまにか人の家で増殖しているようです。

 

そしてそして、ぬいぐるみのイーヴリッグ!!こちらはファンの方のお母様がご制作されたそうです。縫製が丁寧で着せ替えも可能!

 

さらに小さなイーヴリッグも……ってお前!! 何でそんなに増えてんだよ!!

全世界5000万人のイーヴリッグファンの皆様、いつもありがとうございます。今後の躍進にご期待ください。

 

なお今回は、開発チーム宅のイーヴリッグっち&シノッピーは会場に来ることが叶いませんでした。COM_Z博士によるバカンスの仮想実験研究に動員されていたようです。

 

同じく嬉しかったのは、差し入れやお手紙を渡してくださる方もいらしたことです! 開発チーム一同は寿命が爆速で伸びました。ありがとうございます!

 

 

こちらは手描きの色紙。シノとCOM_Zの個性がにじみ出る表情に、布の厚みまで分かるような丁寧な描きこみに愛情を感じました! 柔らかな塗り方が素敵ですね。

 

こちらはなんと、ウニと先生が切り絵になりました! 衣服や手袋、目じりのシワといった表現がとても繊細な職人技です。平面イラストとは違う、わずかな立体感のある表現に痺れました!

 

さらにこちらは、コラージュの力作。実物をお見せできないのが惜しいのですが、描かれる箇所によって素材が使い分けられていて本当に見ていて楽しい作品です!

 

 

た……たもちゃん!? 捨てウミウシを託されてしまいました。もっちりぷにぷに、不思議な素材でできていて、いつまでもつつきたくなってしまう触感です。現在はホでヴの作業デスクに住んでもらっています!

 

さらに頂いたのが、蒸気のホットアイマスク……

ってなんか違うぞ、これ!! MINDHACK仕様パッケージのホットアイマスクを頂きました。それぞれ「フレッシュキャベツの香り」「ハッピーフラワーの香り」「デリシャスバランの香り」と異なるフレーバーが楽しめるようです。大切に使います!

 

と思ったら、我々には使えない代物でした……。使えそうなギャングの人に渡しておきますね!

 

そして今回開発チームがびっくりしたことは、韓国から今回のために来てくれた方々がいらしたことです! 飛行機に乗って遠路はるばるビッグサイトまでやって来てくださったとのこと。直接お会いしてお話できて、本当に嬉しかったです! ホでヴは、覚えたての韓国語でご挨拶していました。上手に話せていたでしょうか?

さらに、韓国のファンの方から手渡されたサプライズプレゼントが。これは一体……?

 

 

!?!?!?!?

 


な、なんだこれは~~~~~!!

なんと! COM_Zぬいぐるみをいただいてしまいました!! すごい、すごすぎる。首元のボタンや背中のコードなど細かい部分も再現されていて、本当に深い愛情を感じます! 縫製もしっかり作られていて、非常に丁寧でハイクオリティです。

念のためお伝えしておくと、こちらのCOM_Zぬいぐるみは「開発チームがファンの方からプレゼントされたもの」であり、公式から販売するグッズではございません! 我々だけのもので~~~す! ごめんね! ありがとう!! 大切にします!!

今回も大勢の皆さんにお越しいただいたCOMITIA148。「第5章楽しみにしています!」とのお声もたくさんいただき、開発チーム一同心の底からエネルギーを受け取りました! これからもゲーム開発をモリモリ進めていくと同時に、本編以外の楽しいコンテンツもたくさんお届けしたいと思います! ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

 

______________________________

 

えっ? COMITIA148の会場に来られなかった?

ご安心ください。本日より、新刊&グッズの通販を開始します! 下記のリンクより各商品ページをご利用ください。International shipping is also available!

 

新刊『SCAVENGERS IN THE RAIN』

新グッズ『アサリのおくしゅり手帳』

お品物はBOOTHの倉庫より発送いたします。会場に来られなかった方は、ぜひこの機会にご利用くださいね! よろしくお願いいたします!

MINDHACK:第5章スクリーンショット紹介

みなさんこんにちは。昨日の晩ご飯は何でしたか? 先週の土曜日の晩ご飯は覚えてますか? これまで全4回に渡ってお届けした『ヒューゴのわくわく宇宙通信』、お楽しみいただけたでしょうか。まだこれからチェックするというかたは、こちらからどうぞ!

第1回

第2回

第3回

第4回(LAST)

 

宇宙飛行士パトリック・ヒューゴが自らホットに伝えてくれたギャラクシー満喫ライフ。果たしてMINDHACK本編とどのように関わってくるのか!? 宇宙食事情はどうなっちゃったの!? 気になることが沢山でわくわくですね。

さて、本日はそのヒューゴが登場する予定の開発中第5章から、撮れたてほやほやの画面写真をご紹介いたします。

 

FORMATから、先生に花束のプレゼント?

 

さらに、何やら大騒ぎのFORMAT。夜のマインドハック施設に事件が起きたようです。

 

 

ホットフィックス隊員たちも総出で警戒に当たっている様子。ベテラン隊員とサポート隊員の姿が。

 

左のスマートな人がベテラン隊員、右の工具たっぷりな人がサポート隊員。
スピンオフ漫画『がんばれ!HOTFIX』でも時々姿を見せていた先輩たち(新米隊員くんから見て)ですね。

 

隊長に連れられて廊下を行く先生。 そこに現れたのは……?

 

暗闇の先には一体なにが……!?

 

 

これまでの章とは少し毛色の異なるデンジャラスな雰囲気満載になりそうな第5章。今後の展開もぜひお楽しみに。
過去にご紹介したヒューゴのキャラクター記事も見返して、どんなお話になるのか想像してみてくださいね。チャンネルはそのまま!

MINDHACK:ヒューゴのわくわく宇宙通信_LAST

 

 

 

 

[操縦ログ:パイロット、パトリック・ヒューゴ]

 

[追跡カメラの映像を呼び出し]

 

[尾部接続部からの発煙を確認]

 

[液体水素タンクからの漏洩を確認]

 

[液体水素タンク内圧力低下]

 

[液体水素タンク尾部ドーム破損]

 

[居住モジュール分解を確認]

 

[失速を確認]

 

[最大出力]

 

[最大出力]

 

[最大出力]

 

[通信要請を確認]

 

[通信ログ]

 

[ハア……ハア……]

 

[ヒューストン、ヒューストン、こちらエルメス号操縦士、パトリック・ヒューゴ]

 

[……くそっ、今更そんな通信に意味なんかあるか! 地球から何光年離れてると思ってる!?]

 

[この船はもう持たない。だがそんなことより、あれは、まるで……嘘だ、そんな……]

 

[神よ、我らが主よ。今私が目にしている光景は、あなたが最期にもたらした慈悲の一滴なのでしょうか]

 

[私には見えます。遥か後方に置き去りにしてきた母なる故郷。いと青く丸きもの。水と大気に包まれた安らぎのゆりかご]

 

[地球そのものが]

 

[ああ、幻覚ならそれでも構わない……どうせなら最期に、あの海沿いの家に墜落して……彼女たちを抱きしめたい……]

 

[地球……]

 

[通信途絶]

 

MINDHACK:ヒューゴのわくわく宇宙通信_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やあ、操縦士のパトリック・ヒューゴだよ。

 

宇宙でも夢を見ることがあるんだ。ダスティンやサリー、ライアンにニールと一緒の夢だ。みんなで暖炉を囲んで、ロッキングチェアに腰掛けて。ケーキの取り分を決めるために、みんなでトランプを遊んでいる。ババ抜きで上がった順番に分け前がもらえるってわけ。でも、どうしてか俺のもとにばかりジョーカーが回ってくる。順繰りでカードを引いているのに、ジョーカーがどんどん増えていくんだ。みんな上がってしまって、1人、また1人と姿を消していく。最後に残されたのは俺1人。手元に残った4枚のジョーカー。永久に上がれないババ抜き。

 

宇宙でも夢を見ることがあるんだ。アメリカに残してきた妻のサラと、双子のミアとデイジーの夢だ。海のそば、白い屋根の2階建ての家で。3人とも俺の帰りを待ちながら暮らしている。それを俺は上から見てるんだ。ドールハウスを見下ろすような俯瞰視点でさ。本当は手を伸ばして、手のひらで3人を包み込みたかった。頬ずりしてやりたかったんだ。でもそれだけはできない。どうしても。この手を伸ばすことだけはしちゃいけないんだ。視界に自分の腕が入ってきた途端、取り返しのつかないことに気付いてしまう気がして。

 

宇宙でも夢を見ることがあるんだ。最近は決まって同じ夢。何度も繰り返し見る、エルメス号で独りぼっちの夢だ。船の酸素タンクが破損してしまって、修理のために船外活動服をまとって外に出る。破損個所はすぐに見つかって、修繕も間もなく終わる。でもそのとき、背中が何だかむずむずっとするんだ。ヘルメットのせいで後ろは向けないから、代わりに袖につけられた鏡で後方を確認する。何ということだろう、船外活動服の背中が破れているじゃないか! そして、その裂け目が……裂け目が……裂け目が。

 

次回のメッセージもお楽しみに。チャンネルはそのまま!

MINDHACK:ヒューゴのわくわく宇宙通信_02

やあ、みんな。パトリック・ヒューゴだよ。元気にしてたかな? 今日も皆に、宇宙のことや俺自身の話をしていこうと思うよ。さて、宇宙飛行士っていうと、必ず聞かれる質問がある。「どうして宇宙飛行士になろうと思ったんですか?」ってね。みんなそれぞれ、インタビュー向けの回答を用意してるけど、もちろん俺にだって理由がある。俺の場合は、子どものころの思い出が強く影響してるんだ。

俺みたいなシティボーイは、西海岸と東海岸、どっちの生まれだと思う? 正解はどっちでもない。いわゆるグレートプレーンズ……君も地理の授業で習ったことがあるだろ。肥沃な大地を埋めつくすトウモロコシ畑、バイソンがあくびをする広大な草原地帯。まあ言ってみればド田舎なんだ。だから少年たちの遊び相手ってのも、大自然が一番の友達ってことになる。そして特に俺が心惹かれたのは、頭上に広がる広大な星空だったんだ。

俺の親父が人生で最も賢い判断を下したのは、お袋と結婚したときと、パトリック少年にミード社の望遠鏡を買い与えたときだ。夜な夜な屋根裏部屋に上がって、オレオやリッツなんかをお供に、無限の星々を眺めるのが至福の時間だった。ラジオからは「ラブ・ミー・ドゥ」が流れていたけど、まだまだ子どもだった俺にとって、最も愛すべき恋人は宇宙そのものだったんだ。

それからもう一つ俺に深い影響を与えた存在がある。それが、綺羅星のようなSF小説たちだ。俺の一番のお気に入りは『星を継ぐもの』。刊行されたとき俺はハイティーンだったけど、もう頭をぶん殴られたような衝撃だった。ガニメデを歩くシーンの寂寥感ときたら、涙が出るような臨場感だったよ。そして同時に、宇宙への飽くなき探求心を持つ人類という生き物に誇りを感じた。そのときが、俺がまさしく宇宙飛行士を目指そうと決めた瞬間だったんだ。

ああ、でもトラウマティックという意味では、『2001年宇宙の旅』も深く心に刻まれてるな。近所に映画館なんかなかったから、キューブリックの映画版じゃなくてクラークの小説版を読んだんだけど、子どもにとっては哲学的なテーマが難しくて……それより怖かったのが、HAL9000だ。「将来、本当に機械が反乱を起こしたらどうしよう!」って、不安で眠れなくなるくらいだったよ。もっとも、実際にそういう未来が来るのは2001年よりずっと先になりそうだけどね。コンピューターが人間のように考えて喋るだなんて、現代の技術じゃあり得ないんだから。

今回の話はここまでだ。俺自身のことについて喋りすぎちゃったかな? 次回は皆が気になる、宇宙食事情について伝えるよ。チャンネルはそのまま!

MINDHACK:ヒューゴのわくわく宇宙通信_01

やあ、みんな!俺はヒューゴ、パトリック・ヒューゴだ。このビデオは、宇宙での生活の様子をみんなにお届けするために録画してるよ。この映像を通じて、少しでも君たちの真上の世界に興味を持ってくれたら幸いだ。

俺の宇宙船での役割は、操縦士。パイロットだ。この宇宙船、エルメス号の舵取りをする大切な仕事さ。このエルメス号にはある程度 自動操縦の機能も備わってるんだが、それでもランデブードッキングとか、重要な局面では人の手がいる。操縦士に向いてるのは、細かいことに神経質で、それでいて楽観的なやつだね。色々気を遣うことは多いが、行先をライトで照らせなきゃこの海は渡れないんだから!

操縦士賛歌を伝えたけれど、宇宙船の操縦は操縦士だけが取り仕切ってるわけじゃない。むしろ主導権を握ってるのは船長、ミッションコマンダーだ。俺たちの船長といえば、ダスティン・グラッドウィン! 宇宙船では船長の命令は絶対だ。お手と言われたら、喜んでするよ。ダスティンは決断力にあふれて、それでいて思慮深い。まさに俺たちの理想のリーダーなんだ!

ほかにどんなクルーがいるかって? 搭乗運用技術者(ミッションスペシャリスト)って役割は、みんなには耳慣れないかもしれないな。彼らは、宇宙船のシステムの専門家だ。この船のことなら何でも分かる。それからロボットアームを操作したり、船外活動を行ったりするのも主な仕事だね。エルメス号では、サリー・デイビッドがこの役割を担ってる。サリーと俺は、チェスの良きライバルなんだ! 地球に戻ったら、サリーが俺にホットドッグを37回おごることになってる。覚えててくれよ? 俺からは52枚のピザだ!

もう一人重要なのが、搭乗科学技術者(サイエンススペシャリスト)のライアン・ホッジズ。彼は、この船で行う実験について並外れた知識を持ってる。言ってみれば、科学者がそのまま宇宙へ来てるようなもんだね。ライアンは、科学者でもありながらスピリチュアリストでもある稀有な人材だ。物質世界も精神世界もフェアに信じていて、常に疑問と探究の中に身を置く勇気の持ち主。彼の立場に色々と意見のある人もいるかもしれないけど、俺は彼を尊敬してるよ。

最後に、航空宇宙医師(フライトサージャン)のパトリック・ニール。そうそう、彼と俺は名前が一緒なんだ、ちょっとややこしいでしょ。だから俺はヒューゴって呼ばれてるわけ。ニールの役割は、宇宙飛行の健康を管理することだ。たとえば、俺たちの運動スケジュール。宇宙では重力がないから、だんだん骨がもろくなる。それを防ぐために、ランニングマシンなんかで運動するんだけど、ニールが課すノルマはなんと120分だ! もうちょっと軽くできないのかな? ダメかい?

とまあ、エルメス号は5人の宇宙飛行士を乗せて航行中だ。個性はバラバラだけど、みんなチームワークを重んじる良き仲間だよ。俺たちの目的はずばり、異星の知的生命体とコンタクトを取ること! 来たるべきその日に備えて、全員でベストを尽くしてるよ。今後も俺たち5人の生活をお届けするから、お楽しみに。チャンネルはそのまま!

 

MINDHACK : 楽曲紹介13 / GUILTY PLEASURE

不定期更新、『MINDHACK』楽曲紹介のコーナー! こちらの記事では、『MINDHACK』の楽曲制作をご担当いただいているトラックメイカー・小鉄昇一郎さんに、本作に収録された楽曲の紹介と解説をしていただいています。この記事を読めば、『MINDHACK』の音楽の世界がもっと分かるかも!?

サウンドトラックはこちらで販売中です。

ということで今回解説するのは、こちらの楽曲!

今週の1曲:GUILTY PLEASURE

 

・VODKAdemo?より

MINDHACK第4章で先生がCOM_Zをハックしているときに流れる1曲。FORMATの指示に従い、敵意のないCOM_Zに対するハッキングを試みる先生。FORMATは先生を肯定し、どんどん背中を押しますが、この状況を冷静に見たときプレイヤーは何を思うべきなのか? 善とされる行為の妥当性を問うような、どこか暴力的な雰囲気を出していただくように制作いただきました。

ところで上記の制作意図、どこかで聞いたような……と思った方は鋭い! 実はこの楽曲は、先日ご紹介した『HA HA HA』の制作を依頼したときに第2候補として挙がってきたトラックです。こちらの2曲は、いわば双子のような存在ですね。

なお楽曲名の「GUILTY PLEASURE」は、こっそり食べるお菓子のような、ちょっぴり罪の味がする喜びを意味する表現です。そんな含意も含めて楽曲を楽しんでみてくださいね。

・小鉄さんより

これは確か『MINDHACK』のために作っていた訳ではなく、個人的に作っていたもので『MINDHACK』の世界観に合うかも?と思って出した曲だった気がします(うろ覚え)。音そのものはマヌケな感じなんだけど、曲全体では何か急かされてるような気味悪さのある、コミカルな悪夢のような……『ガリバー旅行記』の、小人たちに地面に縛り付けられてる、あの有名なシーンのようなイメージです。

これが音楽のジャンルで言うと何、と言うのか非常に難しくて、そもそも自分が普段特に目的もなく作ってる音楽は大体こういう「よくわからないもの」がほとんどで、ジャンルがわからない音楽を作ると不便なことは、どう売っていいかわからないんですね。CD屋の様子を思い出してもらえばいいんですが「ジャズ」「ロック」「テクノ」とか何かしらのコーナーがあって、どれに入れていいかわからないものは店に置けない訳です。

ただこれ「ジャズ」とか「テクノ」は、リズムのパターンですとか楽器の構成ですとか、楽曲のそのものの様式がジャンル名になってるんですね。それに対して「アニソン」「アイドル」とかはタイアップの形態というか、ジャンルはジャンルでも楽曲の様式ではなく、社会的にというかその音楽が”どう流通しているか?”で決まっているジャンルな訳です。リズムがサンバであれヒップホップであれ、その上でアイドルが歌っていればジャンルは「アイドル」ですよね。

「ゲームミュージック」もこれに近くて、つまりゲームの中でさえ使われていれば、ジャズだろうとテクノだろうと「ゲームミュージック」のコーナーに入れて貰えますよね。何が言いたいかというと、自分のように、特に特定のジャンルに絞って音楽を作っている訳ではない、いろんなジャンルがちょっとづつ要素として入ってるような、ジャンル分けが微妙な音楽を作るのが好きな人間にとっては、ゲームミュージックのような形の仕事は非常にありがたい訳です。でもかと言っていきなり「中世を舞台とした冒険ゲームの、壮大なオーケストラ風のOPを作って下さい、ゲームミュージック作れるんでしょ」とか迫られたら結構困るな……。まあ、かように音楽のジャンル分けというのは恣意的だったりマーケットの都合だったり、という話でございました。

_______________________________

Kotetsu Shoichiro / 小鉄昇一郎

ミュージシャン/ライター。ラッパーへのトラック提供やCM音楽、ゲーム音楽など様々な媒体・プロジェクトで楽曲制作を行なっている。tofubeatsとの共演(Vibration feat.Kotetsu Shoichiro)や、ラッパーへの提供曲がビルボードチャート月間1位を獲得(T-STONE”Let’s Get Eat”)するなど、話題作への参加も多数。仕事の依頼はdjakutagawa@gmail.comまで

https://kotetsu-shoichiro.com/
@y0kotetsu

 

【小鉄さんの過去の楽曲解説】
THE OFFICE(オフィスのテーマ)
HAPPY HACKING(ハック中のテーマ)
SOFTENED SPIKE(ウニを丸めたテーマ)
MINDHACK(記憶のテーマ)
THE STAIRS(タイトル画面のテーマ)
THE ARTIFICIAL PLACENTA(FORMATのテーマ)
READY TO TASK(ホットフィックスのテーマ)
FAR FROM CITY LIGHT(ユーニッドのテーマ)
GREETINGS, BUTTER KNIFE…(イーヴリッグのテーマ)
IF THOU ART HUMAN(シノのテーマ)
HA HA HA(第3章ハック中のテーマ)
THE ARTIFICIAL HUMANITARIAN(COM_Zのテーマ)