月: 2022年8月

MINDHACK:質問コーナー回答その1

【動画バージョンはこちら!】

「コムちと!」

シノ
「………………」

COM_Z
「シノちゃんの!」

COM_Z
「マインドハック電話相談~~~!」

COM_Z
「みなさんこんにちは!ご存じ可愛いコムちなのだ。今回の企画では、みんなから寄せられたマインドハックに関する質問に、ワガハイCOM_Zがお答えしていくのだ。たっくさんの質問が寄せられたから全部はお答えできないけれど、できる限りの質問に返していくのでよろしくね!それではいってみよう!」

 

Q.マインドハック会議とは何なのでしょうか、可能でしたら具体的な議題を教えていただきたいです!

COM_Z
「マインドハック会議はもともと、マインドハックの技術ができたころ、その良し悪しを問うべく立ち上がったのだ!でも、この10年で技術はすっかり普及したんだよね。今では全国のマインドハック施設の成果発表や表彰なんかが行われているのだ」

Q.ホットフィックス隊はどのぐらいの人数で構成されていますか?

COM_Z
「隊員さんが10人~15人。それに副隊長が1人と、隊長が1人なのだ!なんで誤差があるかっていうと、入れ替わりが激しいからなのだ~」

Q.ハックされた更生対象は一般にどの程度の期間を経て出所(?)するのでしょうか。

COM_Z
「経過によって1週間から、長い人は1か月くらいなのだ。身元を引き受ける人がいない場合とか、ハックした後のショックが長引いて健康状態がよくない場合は施設での滞在期間が長引くようだね」

シノ
「長居して飼い殺されるのは御免だな」

Q.新米隊員くんはおむすびの具何が好き?ワイはすじこ〜

COM_Z
「すじこはオイシイよね~!新米くんはねえ、牛カルビおむすびが好きなのだ!」

シノ
「なんと邪道な……!」

Q.隊長は自身の私服についてこだわりがあるのでしょうか、あるのでしたらどのようなこだわりがあるのでしょうか?

COM_Z
「特にこだわりがないみたいだけど、不思議とセンスがいいって評判なのだ。やっぱり才能ってやつ?」

Q.警備隊の隊長さんと新米さんに、兄弟はいますか?

COM_Z
「新米くんは一人っ子なのだ!隊長はご兄弟がいたみたいだね?」

Q.主要キャラクターの誕生日を教えてください!

COM_Z
「はいはーい!つぎの通りなのだ!」
隊長…11月5日
新米隊員…6月24日
ユーニッド…8月23日
イーヴリッグ…4月19日

Q.体験版の範囲ではユーニッドが書類上でもファーストネームのみだったようにお見受けします。隊長には「ソーン」というラストネームが存在しますが、MINDHACKの世界ではラストネームが存在する人と存在しない人がいるのでしょうか、そのようであれば彼らの違いとは何なのでしょうか。

COM_Z
「ユーニッドくんは、ほんとは父親の名前をラストネームとして名乗るはずだったみたいだね。でも、親御さんとの縁が切れてしまっているので戸籍に登録がないようなのだ!」

シノ
「親子の縁とは所詮そんなものよな」

Q.頭が宙に浮いている方々の食べたものは、どうやって胃に届いているんでしょうか?

COM_Z
「えーっとねえ、量子テレポーテーションって分かるかな?」

シノ
「よせ、長くなるなら言わんでよい!」

Q.イーヴリッグくんの趣味、特技、好きなもの、嫌いなものが知りたいです!

COM_Z
「君はイーヴリッグくんが大好きなんだね!資料を取り寄せたので読み上げてあげよう。趣味は瞑想!……と言って北欧メタルを聴いてるみたい。特技は人を疑わないこと。好きなことは都会のおしゃれな場所巡り。嫌いなものは実家の煮物と頑固な人なのだ!イーヴリッグくんのこと、ちょっぴりわかったかな?」

Q.ユーニッドが擁護施設を出たのは何歳の頃なんでしょうか。また、その時点で住居のアテはあったのでしょうか。

COM_Z
「ユーニッドくんは13歳のころ養子にとられたんだけど、相手先にうまく馴染めなくてフラッと出て行ってしまったようなのだ。引き取り手も諦め気味で、周囲からも仕方ないって反応だったみたいだね」

シノ
「それだけ悪餓鬼扱いされていた訳か」

Q.ユーニッドの学生時代の不得意科目&得意科目が知りたいです!!!

COM_Z
「ユーニッドくんは図工が苦手だったようだね。絵も粘土も不得意だったけど、一生懸命やるので先生からは好評だったようなのだ。得意科目は給食!みんなの残飯を根こそぎ平らげていたのだ!」

シノ
「それは科目ではないのではないか……?」

Q.フジツボくんはまともで良い人そうなのになんでブラッディパエリアに入ったんですか?

COM_Z
「まともでも良い人でもないからなのだ!」

Q.犬Tシャツ、素敵なのですが色がたくさんあって迷います。おすすめの色やこの色かっこいいよ!っていうのがあれば教えてください。

COM_Z
「グッズを見てくれてありがとう!おすすめはやっぱり、シンプルイズベストな白かなあ。シノちゃんは何色が好き?」

シノ
「我はあのような軽薄な服は着ぬ」

Q.せっかくなので各キャラクターが履いてるパンツの色を教えてください!

COM_Z
「ユーニッドくんはハイビスカス柄を履いているのだ。イーヴリッグくんは無機のキャビネットたるもの、下着は白と固く決意しているようだね。新米くんはグレーのシンプルなタイプを着用しているよ。隊長は黒なのだ!」

シノ
「そんな情報をどこで仕入れた!?」

 

COM_Z
「さてみんな、今日の電話相談はどうだったかな?隔週で質問へお答えしていくから、今後の回答もお楽しみになのだ!それじゃあ、次回も元気にマインドハック!まったね~!」

シノ
「我は毎回付き合うのか……?」

MINDHACK:質問コーナーのお知らせ

COM_Z
「コムちと!」

シノ
「…………」

COM_Z
「……シノちゃんの!」

COM_Z
「夏休みマインドハック電話相談~~~!」

COM_Z
「もう、シノちゃん!タイトルコールはちゃんと一緒に言ってくれないと困るのだ」

シノ
「いきなり叫びだして何だ。とうとう気を違えたか」

COM_Z
「さて、みんな!夏休みの宿題はもう終わったかな?ドリルや作文は終わったけど、自由研究がまだ……という人もいるかもしれないね。そんなお友達のために、特別な企画を用意したのだ!」

シノ
「誰に向かって話しておる?」

COM_Z
「今回我々は、MINDHACKにまつわる質問を大募集!寄せられたみんなの疑問にお答えしていくのだ。MINDHACKの世界についての不思議なことや、キャラクターの個人情報に至るまで、知りたいことは何でも送ってね!」

シノ
「なぜ何もない空間に語りかけている?」

COM_Z
「宛先は以下のフォームから!8月22日までに質問を送ってね。全ての投稿には答えられないかもしれないけど、なるべく頑張るから、どしどし応募してほしいのだ~!」

COM_Z
「みんなからの、すなおでスルドイ質問を待っているよ!それじゃあ、まったね~~!」

シノ
「て、徹底的に無視しおって……!」

MINDHACK:グッズ通販開始のお知らせ

BitSummit X-Roadsで頒布したMINDHACKグッズの通販を開始しました!

取り扱いグッズは
・クリアファイル
・アクリルキーホルダー
・ステッカー
の3点となります。

【ステッカーについてのお知らせ】

先日のブログでステッカーは「各種グッズを購入時にランダム封入」とお伝えしていましたが、ご要望を受けて「ステッカーセット単体での販売」に切り替えました。これに伴い、在庫の都合上「各種グッズ購入時のランダム封入」は行わないかたちとなります。ご購入の際はご注意ください。またステッカーセットの在庫僅少のため、一時的に売り切れとなることが予想されます。追加在庫は9月頭にご用意する予定ですので、続報をお待ちください。

通販ページは下記URLよりどうぞ!

こたつストア – BOOTH

 

また、あわせて新規グッズとして「ウニの犬」各種商品の取り扱いを開始しました。以前ブログの企画で公開した、ユーニッド作のイラストをあしらったTシャツなどを販売しています。こちらもあわせてご覧ください。(販売サイトがアクリルキーホルダー・ステッカーとは異なるためご注意ください)

VODKAdemoのオリジナルアイテム・グッズ通販 ∞ SUZURI

MINDHACK:BitSummit X-roads 出展レポート

ごきげんよう、ササンです。先週のBitSummit X-Roadsでは、会場に来てくださった皆さんも配信等で見てくださった方もありがとうございました!今回は来られなかった方々にも会場の雰囲気を伝えるために、VODKAdemo?視点でレポートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月5日、15時ごろ京都着!西の大地を踏みしめた我々が一路向かったのは、BitSummitの会場みやこめっせ……
……ではなく、お団子屋さんであった……!!

初日にまず向かったのが、創作和菓子店「果朋」さん。二条城の近くにある店舗で、旬のフルーツを使った大福などが看板のお店です。

その中でもホでヴたっての希望で購入したのが、果朋だんご。なんとお団子がそのまんま瓶詰めになっています。メディアで取り上げられているのをご覧になった方もいるかもしれませんね。こちら、みたらしと白味噌があったので各人で購入しました。

その後、ホテルに荷物を置きみやこめっせへ。会場に入ると、入り口すぐのところでは企業ブースがすでに設営を始めていました。大規模な骨組みが建設されつつあり、VODKAdemo?一同を圧倒。これがBitSummit……!デベロッパーブースに机が並んでいる様子を見ると、いよいよイベントだ!という気合が入ります。というわけで、さっそく設営!まずは事前に購入していたポスタースタンドを設置します。これにホでヴ作のイラストを提げれば、立派なブースの目印になるというわけです。いざ!

……。なんかおかしいですね。直立するはずのポスタースタンドが大いに傾いています。これが目印になると、なんか見るからに情けない感じのブースになってしまいます。恐らく根元のネジを締め切れていないのが原因かと思われますが、ドライバーなどの工具は持ってきていません。出発前の荷造りで「いるか?いらないな〜(笑)」と切り捨てた記憶が明確にあるので。

結局、紅狐が機転を利かせてテーブルの脚にスタンドを括り付けてくれたので、何とか見られるかたちになりました。

ということで、ポスターを提げましょう。これでいざ!

……。丸めて持ってきたポスターに巻きグセがついていて一向に直りません。大々的にポスターを設置するようなブース設営は今回が初めてだったのですが、巻きグセのつかない布ポスターの必要性がやっと理解できました。紙ポスターだと綺麗に提げられないわけですね……。

結局、紅狐が機転を利かせてポスターの裏に重りをつけてくれたので、事なきを得ました。さすが弊チームきってのブレインです。

その後はPCをセットアップし、デモが問題なく起動することを確認。フライヤーやステッカーなどの配布物を並べていきます。そして今回の目玉となるのが、グッズの頒布!イベントに向けて制作してきた、アクリルキーホルダーとクリアファイルを陳列します。ところが、ここでも問題が発生しました。

MINDHACKのキャラクター、色が渋すぎて全然目立た〜〜ん!アクリルキーホルダーを展示するための什器に真っ黒なものを用意してしまったため、完全に背景に溶け込む一同。おまけにBitSummit開幕時には会場の照明が落とされるため、いよいよ完全に視認できなくなってしまいました。こちらは、ひとまず背景に白い紙を挟むことで対応。そういえば、イベント出展者へのオススメ持ち物を紹介した本に「クリップライト」と書いてあった気がします。こういうわけで必要だったんですね。出発前の荷造りで「いるか?いらないな〜(笑)」と切り捨てた記憶が明確にある。

そんなわけで、ドタバタしつつも何とか設営完了。いよいよイベント開幕を迎えます。

まずは8月6日、1日目。この日はビジネスデイで、メディアや開発者の方が中心に遊びに来てくれました。以前からオンラインイベントなどでMINDHACKを知っていてくださった方もいれば、全くの通りがかりで偶然本作を発見してくださったという方も。完全初見の方がプレイする様子を見られたのは、開発チームとしてもすごく勉強になりました!また、ときには「えっ、あのゲームの開発者の方ですか!?」「あのメディアの方ですか!?」という来場者の方がいらっしゃることもあり、サプライズが満載の日でもありました。お土産にステッカーもたくさん頂き、ホクホクです。

それぞれ店番をしない間は好きなゲームを遊びに行きました。紅狐は以前から気になっていた『GRAPPIN(グラパン)』をプレイ。グラップリングフックを使って山の登頂を目指すアクションゲームで、ワイヤーアクション好きの紅狐はとにかく面白いと絶賛していました。一方、ホでヴ・ササンは「プロジェクトコード“M”」をプレイ。殺人鬼と探偵、2つの視点を描くノベルゲームで、凄惨な事件と軽快なキャラクターの会話でどんどん続きを読みたくなる魅力がありました。さらにホでヴは、相手の足場を落とす対戦アクション『Dragon Drop』も体験。ゲームの楽しさはもちろん、ブースにいたドラゴンのぬいぐるみが可愛かったです。開発者さんのご友人作だとか。

そうして怒涛の勢いで終えた1日目。まだ日程的には半分というところで、すでにチームの疲労はピークです。この日の夕食はマクドナルドで済ませることに。ポテトとナゲットだけという非常にジャンクなメニューだったのですが、このとき食べたマクドナルドが人生で1番美味しかった気がします。疲れた脳に塩分と脂質が沁みる!それから果朋さんのお団子も同じタイミングで実食。またこれが、疲労が爆ぜ飛ぶような美味しさでした。「もちもち」というよりは、むしろ「とろとろ」と表現したくなる口溶けのお餅。深みのある甘さもあって、1日の終わりの最高のご褒美になりました。

続いて2日目。お布団が変わってほぼ眠れなかった紅狐を心配しつつ、一般参加の来場者の方々を迎えました。この日は何といっても、以前からMINDHACKを知ってくださっている方々との出会いが嬉しい日でした!ゲーム実況でMINDHACKを知ってくださっていた方や、最初期の体験版を遊んでくれた方まで、たくさんの方にお越しいただきました。MINDHACKを楽しんでくださっている方に、実際にお会いするのは今回が初めての機会で、本当に励みになりました。

この日、ウニのアクリルキーホルダーは完売。アクキー全種をお迎えくださる方もいらして、嬉しかったです。そして2日目といえば、ホでヴのプチリクエストも実施しました。ブースに来てくれた方の好きなキャラクターを、ミニサイズのイラストに描いてお渡しするという企画。体験版の主役だし、ウニが一番人気かな?と思っていたのですが、意外とこちらはバラける結果に。デモ未登場のイーヴリッグや、スピンオフBloody Paellaのキャラクターなどディープなリクエストをくださる方もいて、嬉しい驚きでした。

2日目も、ほとんど人が途切れることなくブースに遊びに来てくださりました。時間によってはバタバタしたり、試遊にお待たせしてしまったりして申し訳なかったです!忙しい部分もあった反面、たくさんの方にMINDHACKを愛していただき、本当にエネルギーをいただきました。今回いただいたパワーを糧に、アーリーアクセスに向けてしっかり開発を続けていきます!

頒布したグッズについては、通販の準備を進めています。こちらは近日中に詳細をお知らせしますのでお楽しみに。改めてブースにお越しくださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました!